コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

疎(疏)水 そすい

百科事典マイペディアの解説

疎(疏)水【そすい】

灌漑(かんがい),水運,発電などのために土地を切り開いて作った人工水路。水源には河川湖沼などを利用。京都の琵琶湖疎水猪苗代湖安積(あさか)疎水が有名。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

疎(疏)水の関連キーワード琵琶湖疎(疏)水安積疎(疏)水阿武隈川琵琶湖宇治川灌漑安積