(読み)エ

デジタル大辞泉の解説

え【疫】

疫病。特に、悪性の伝染病。えやみ。
「これは世の―にはおはしまさず」〈大鏡・道長上〉

えき【疫】

伝染して流行する病気。はやりやまい。えやみ。
「およそ―は日数あり、その程を過ぎぬれば、寿命(ことぶき)を過(あやま)たず」〈読・雨月・菊花の約〉

えき【疫】[漢字項目]

常用漢字] [音]エキ(漢) ヤク(呉) [訓]え えやみ
〈エキ〉流行性の病気。伝染病。「疫学疫病疫痢悪疫検疫防疫免疫
〈ヤク〉に同じ。「疫病神(やくびょうがみ)

やく【疫/益】[漢字項目]

〈疫〉⇒えき
〈益〉⇒えき

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

え【疫】

悪性の伝染病。えやみ。 「これは世の-にはおはしまさず/大鏡 道長

えき【疫】

流行性の病気。はやりやまい。疫病。 「およそ-は日数あり/読本・雨月 菊花の約

やく【疫】

悪性の流行病。疫病えきびよう。えき。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

え【疫】

〘名〙 流行病。悪性の伝染病。えやみ。えのやまい。
※大鏡(12C前)五「まづそのとしうせたまへる殿ばらの御かず、〈略〉これはよのえにはおはしまさず」

えき【疫】

〘名〙 伝染して流行する病気。はやりやまい。えやみ。疫病。
※続日本紀‐文武二年(698)三月丁卯「越後国言疫。給医薬之」 〔礼記‐月令〕

やく【疫】

〘名〙 悪性の流行病。えき。疫病。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

MBO

マネジメント・バイアウトは、経営陣による株式の買い取りであり、(1)過半数の株式取得によって経営権を手に入れることで敵対的買収に対抗するものと、(2)経営権を獲得し、株式非公開化をすることで敵対的買収...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

疫の関連情報