コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

デジタル大辞泉の解説

え【疫】

疫病。特に、悪性の伝染病。えやみ。
「これは世の―にはおはしまさず」〈大鏡・道長上〉

えき【疫】

伝染して流行する病気。はやりやまい。えやみ。
「およそ―は日数あり、その程を過ぎぬれば、寿命(ことぶき)を過(あやま)たず」〈読・雨月・菊花の約〉

えき【疫】[漢字項目]

常用漢字] [音]エキ(漢) ヤク(呉) [訓]え えやみ
〈エキ〉流行性の病気。伝染病。「疫学疫病疫痢悪疫検疫防疫免疫
〈ヤク〉に同じ。「疫病神(やくびょうがみ)

やく【疫/益】[漢字項目]

〈疫〉⇒えき
〈益〉⇒えき

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

え【疫】

悪性の伝染病。えやみ。 「これは世の-にはおはしまさず/大鏡 道長

えき【疫】

流行性の病気。はやりやまい。疫病。 「およそ-は日数あり/読本・雨月 菊花の約

やく【疫】

悪性の流行病。疫病えきびよう。えき。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

疫の関連キーワード口蹄疫対策特別措置法秋季レプトスピラ病水平線の花火と音楽疱瘡神・疱瘡の神口蹄疫特措法春祭り・春祭疫病みの神やすらい祭今宮神社流行り病元三大師祇園信仰牛頭天王厄神詣で悪魔送り疑似患畜ことぶき茅の輪疫神祭鎮花祭

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

疫の関連情報