(読み)エ

デジタル大辞泉の解説

え【疫】

疫病。特に、悪性の伝染病。えやみ。
「これは世の―にはおはしまさず」〈大鏡・道長上〉

えき【疫】

伝染して流行する病気。はやりやまい。えやみ。
「およそ―は日数あり、その程を過ぎぬれば、寿命(ことぶき)を過(あやま)たず」〈読・雨月・菊花の約〉

えき【疫】[漢字項目]

常用漢字] [音]エキ(漢) ヤク(呉) [訓]え えやみ
〈エキ〉流行性の病気。伝染病。「疫学疫病疫痢悪疫検疫防疫免疫
〈ヤク〉に同じ。「疫病神(やくびょうがみ)

やく【疫/益】[漢字項目]

〈疫〉⇒えき
〈益〉⇒えき

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

え【疫】

悪性の伝染病。えやみ。 「これは世の-にはおはしまさず/大鏡 道長

えき【疫】

流行性の病気。はやりやまい。疫病。 「およそ-は日数あり/読本・雨月 菊花の約

やく【疫】

悪性の流行病。疫病えきびよう。えき。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

チェブラーシカ

エドゥアールト・ウスペンスキーによるロシアの児童書「わにのゲーナ」(1967年発表)、また同作品を原作とする、人形アニメーション映画「チェブラーシカ」(1969~83年、ロマン・カチャーノフ監督)から...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

疫の関連情報