コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

痘瘡(天然痘) とうそうてんねんとう

家庭医学館の解説

とうそうてんねんとう【痘瘡(天然痘)】

 天然痘ウイルスが感染しておこる病気で、高熱と、全身の皮膚や粘膜(ねんまく)に多数の水疱性(すいほうせい)の発疹(ほっしん)が現われ、生命にかかわることが多いものです。
 かつては、インド、パキスタン、東南アジア、アフリカ、南米などの風土病として存在し、ここからもち出されて、欧米諸国や日本でも毎年のように小流行がありました。
 しかし、痘瘡は人間だけがかかる病気で、他の動物はかかりません。また、種痘(しゅとう)で予防できます。
 そこでWHO(世界保健機関)は、第二次世界大戦後、種痘を武器とした痘瘡の撲滅(ぼくめつ)作戦を発生地で展開した結果、1977年、アフリカのソマリアにおける病人を最後として、痘瘡という病気は地球上から消滅し、撲滅宣言が出されました。
 なお、バイオ・テロのおそれから2003年に1類感染症に指定されています。

出典 小学館家庭医学館について 情報

痘瘡(天然痘)の関連キーワードエマージング・ウイルス急性散在性脳脊髄炎感染症予防医療法疾病管理センター検疫感染症ジェンナーワクチン笠原白翁痘苗仮痘痘科