コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

オコリ

デジタル大辞泉の解説

おこり【×瘧】

隔日また周期的に起こる意》間欠的に発熱し、悪感(おかん)や震えを発する病気。主にマラリアの一種、三日熱をさした。えやみ。わらわやみ。瘧(ぎゃく)。 夏》

ぎゃく【×瘧】

熱病の一。おこり。わらわやみ。

わらわ‐やみ〔わらは‐〕【×瘧】

《「童(わらわ)病(やみ)」の意か》毎日または隔日に、時を定めて発熱する病気。マラリアに似た熱病。おこり。えやみ。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

おこり【瘧】

1日とか2日おきというように周期的に悪寒戦慄と発熱を繰り返すという特徴のある病状によって紀元前から中国で知られていた病気である。夏の風邪や山間の悪気などの外邪によって起こされるとされ,湿瘧(しつぎやく)とか痎瘧(がいぎやく),瘴瘧(しようぎやく)など多くの病名が記載されている。他の病気も含まれていたであろうが,主体はマラリアと考えられる。〈おこり〉はこの病気の日本名で,江戸時代まではよく発生した記録がある。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

おこり【瘧】

一定の周期で発熱し、悪寒やふるえのおこる病気。マラリア性の熱病の昔の名称。わらわやみ。おこりやみ。 [季] 夏。 「しばらくは呆然として-の落ちた病人の様に坐つて居たが/吾輩は猫である 漱石
[句項目]

ぎゃく【瘧】

マラリアの漢名。おこり。わらわやみ。 [季] 夏。

わらわやみ【瘧】

〔「童病み」の意か〕
間欠熱の出る病気。おこり。 「 -にわづらひ給ひて/源氏 若紫

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内のの言及

【マラリア】より

…とくに南方の日本軍兵士がこれに苦しめられたことは記憶に新しい。 日本では,古くは〈瘧(おこり)〉といわれ,平安時代から諸書に記録されている。平清盛が高熱を出して死んだのは,一説にはマラリアだといわれる。…

※「瘧」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

瘧の関連キーワード吾輩は猫である索餅・索餠疫病み・瘧瘧を落とす向坂甚内落ちる疫病み漢名震い瘧慄聖覚瘧石索餅瘧疾裏方瘧日震う間日

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

瘧の関連情報