コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

白む シラム

4件 の用語解説(白むの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

しら・む【白む】

[動マ五(四)]
白くなる。特に、夜が明けて空やあたりが薄明るくなる。「東の空が―・む」
「半ば―・みたる髪」〈鴎外舞姫
興がさめる。しらける。「座が―・む」
衰える。
「晴明が土御門の家に、老い―・みたる老僧来りぬ」〈宇治拾遺・一一〉
技術・能力がさがる。楽器などの調子が悪くなる。
「(琴ニ)手触れで久しくなりにけるに、音(こゑ)も―・まず」〈宇津保・俊蔭〉
勢いがくじける。負けそうになる。
「山名が兵ども進みかねて少し―・うてぞ見えたりける」〈太平記・三二〉
色が取れる。
「(鼻ニ付ケタ紅ガ)さらにこそ―・まね」〈末摘花

しろ・む【白む】

[動マ四]
白くなる。白色を帯びる。
「牛は、額はいと小さく―・みたるが」〈・五一〉
ひるむ。勢いがくじける。
「双方―・みて控へたり」〈浄・出世景清
[動マ下二]
白くする。
「衣も―・めず、同じすすけにてあれば」〈・八七〉
米をついて精米にする。
「米ヲ―・ムル」〈日葡

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

しらむ【白む】

( 動五[四] )
しろくなる。夜が明けて空が明るくなる。 「空が-・む」
興がさめる。しらける。 「座が-・む」
楽器の調子が狂う。 「手触れで久しく成りにけるに、声も-・まず/宇津保 俊蔭
力がなくなる。衰弱する。 「昔晴明が土御門の家に、老い-・みたる老僧来りぬ/宇治拾遺 11

しろむ【白む】

( 動四 )
白っぽくなる。白みを帯びる。 「髑髏の色-・みたる/即興詩人 鷗外」 「牛は、額はいとちひさく-・みたるが/枕草子 51
勢いが鈍る。ひるむ。くじける。 「山名が兵共進みかねて、少し-・うてぞ見えたりける/太平記 32
刃が鈍くなる。 「カタナノ刃ガ-・ウダ/日葡」
( 動下二 )
白くする。 「衣も-・めず同じすすけにてあれば/枕草子 87

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

白むの関連キーワード青ずむ青む赤らむ熟む黄ばむ煤ばむ窄む詰む温む深む

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

白むの関連情報