コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

白む シラム

デジタル大辞泉の解説

しら・む【白む】

[動マ五(四)]
白くなる。特に、夜が明けて空やあたりが薄明るくなる。「東の空が―・む」
「半ば―・みたる髪」〈鴎外舞姫
興がさめる。しらける。「座が―・む」
衰える。
「晴明が土御門の家に、老い―・みたる老僧来りぬ」〈宇治拾遺・一一〉
技術・能力がさがる。楽器などの調子が悪くなる。
「(琴ニ)手触れで久しくなりにけるに、音(こゑ)も―・まず」〈宇津保・俊蔭〉
勢いがくじける。負けそうになる。
「山名が兵ども進みかねて少し―・うてぞ見えたりける」〈太平記・三二〉
色が取れる。
「(鼻ニ付ケタ紅ガ)さらにこそ―・まね」〈末摘花

しろ・む【白む】

[動マ四]
白くなる。白色を帯びる。
「牛は、額はいと小さく―・みたるが」〈・五一〉
ひるむ。勢いがくじける。
「双方―・みて控へたり」〈浄・出世景清
[動マ下二]
白くする。
「衣も―・めず、同じすすけにてあれば」〈・八七〉
米をついて精米にする。
「米ヲ―・ムル」〈日葡

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

しらむ【白む】

( 動五[四] )
しろくなる。夜が明けて空が明るくなる。 「空が-・む」
興がさめる。しらける。 「座が-・む」
楽器の調子が狂う。 「手触れで久しく成りにけるに、声も-・まず/宇津保 俊蔭
力がなくなる。衰弱する。 「昔晴明が土御門の家に、老い-・みたる老僧来りぬ/宇治拾遺 11

しろむ【白む】

( 動四 )
白っぽくなる。白みを帯びる。 「髑髏の色-・みたる/即興詩人 鷗外」 「牛は、額はいとちひさく-・みたるが/枕草子 51
勢いが鈍る。ひるむ。くじける。 「山名が兵共進みかねて、少し-・うてぞ見えたりける/太平記 32
刃が鈍くなる。 「カタナノ刃ガ-・ウダ/日葡」
( 動下二 )
白くする。 「衣も-・めず同じすすけにてあれば/枕草子 87

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

白むの関連キーワードカターエフ(Valentin Petrovich Kataev)V.P. カターエフ垢離を取るカターエフあかつきがんがり枕草子五六山際待遠鼻白

白むの関連情報