コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

白井遠平(初代) しらい えんぺい

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

白井遠平(初代) しらい-えんぺい

1846-1927 明治-大正時代の政治家,実業家。
弘化(こうか)3年4月29日生まれ。明治10年河野広中と民会規則を作成し,政治団体興風社の設立に参加。13年福島県会議員となり,15年福島事件で投獄される。23年衆議院議員(当選2回,政友会)。常磐(じょうばん)炭田の開発に力をつくした。昭和2年10月9日死去。82歳。下野(しもつけ)(栃木県)出身。本姓は佐藤。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

白井遠平(初代)の関連キーワード大正時代実業家弘化

今日のキーワード

スタットキャスト

大リーグの全30球場に高精度カメラやレーダーを設置し、ボールや選手の動きを細かく分析。走攻守全てで、これまで分からなかったデータを解析し、試合やチーム作りに生かせる。例えば投手では、投げる球種の回転数...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android