白毛女(読み)はくもうじょ(英語表記)Bai-mao-nü

  • はくもうじょ ハクモウヂョ
  • はくもうじょ〔ハクモウヂヨ〕
  • 白毛女 Bái máo nǚ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

中国の歌劇。6幕であったが5幕に改作辺地の農民たちに伝わっていた物語を,1944年賀敬之,丁毅が中心となって延安魯迅芸術学院で集団創作したもの。民謡をもとに編曲した歌曲とともに新歌劇として成功を収めた。 50年には王浜と水華の共同監督で映画化。舞踊劇としても上演されている。悪徳地主貧農の娘喜児を借金のかたにとり,恋人を追払い手ごめにする。喜児の父はそれをに自殺し,喜児はすきをみて地主から逃れ山奥で自活する。やがて八路軍がその地方を解放し,辛苦のあまり白髪になっている喜児を赤軍兵士になっていた恋人が救い,地主は人民裁判で裁かれるという筋。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

中国の現代歌劇。延安の魯迅(ろじん)芸術学院の集団創作。1945年初演。地主に迫害された貧農の娘が、山奥の洞穴に隠れ住む間に白髪となったが、解放軍に救い出される。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

中国の歌劇。5幕。1945年作。賀敬之,馬可らを中心とする魯迅芸術学院の集団創作。貧農の娘シーアル(喜児)の苦難と解放を描く。白毛女は劇中仙女(実は辛酸のあまり白髪となったシーアル)。中華人民共和国の代表的歌劇とされ,1950年に映画化。文化大革命ではストーリーを改変してバレエ化。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

現代中国の代表的な歌劇。地主に凌辱されて奥山に逃げこみ,辛酸のあまり白髪と化した貧農の娘を八路軍が救い出し,人間として解放するという筋立て。抗日戦争中に華北農村で広く語り伝えられていた物語を,1945年に魯迅芸術学院所属の賀敬之,馬可などが歌劇として集団創作したもの。民衆から爆発的な歓迎をうけ,華北の民謡のメロディにのって歌われる主題歌《北風吹いて》は,全中国に広まった。のちに,バレエにも改作された。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

現代中国の歌舞劇。1945年、延安魯迅(ろじん)芸術学院の賀敬之、丁毅(ていき)らにより集団創作された。物語は、貧農の父、楊白労(ヤンパイラオ)を悪徳地主黄世仁に自殺させられたうえに自らも妊娠させられた喜児(シーアル)は、黄の家を逃れ出て、山中の洞穴に隠れ住む間に、白髪となってしまった。飢えをしのぐために夜、廟(びょう)の供物をとる喜児の姿をかいまみた村人は、白毛女と恐れ敬う。彼女のかつての恋人大春(ダーチユン)は八路軍の兵士となっていた。彼は、村人の迷信打破のため、白毛女の正体を暴こうと山中に踏み込み、喜児をみいだす。救い出された喜児は地主打倒の先頭にたち、やがて髪は黒さを取り戻した。河北省の民間伝承を素材に、民謡、秧歌(ヤンコー)の身ぶりを取り入れ、オペレッタ風にしたもの。主題曲『北風吹いて』は有名。50年に映画化され第6回国際映画コンクールに入賞。同作品は、文化大革命中、バレエ、現代革命京劇にも改編された。

[前田利昭]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

中国の現代歌劇。延安魯迅芸術学院の集団創作。作曲馬加。一九四四年初演。地主に迫害された貧農の娘喜児が、山奥の洞穴に隠れ住む間に白髪になったが、ついに恋人のいる解放軍に救われる。映画化され、またバレエなどにも改編された。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の白毛女の言及

【中国映画】より

…人民共和国政府は51年,映画産業を国有化しその発展に力を注いだ。〈新中国最初の傑作〉として世界的に知られているのが水華,王浜共同監督による《白毛女》(1950)である。建国当時の年間映画人口は4731万人だったのが,63年には33億人(製作本数は1964年に長編が480本)という発展ぶりを見せたものの,66年に始まる〈文化大革命〉とともに映画人の活動は停滞し,70年代後半まで低迷をつづけた。…

【魯迅芸術学院】より

…何其芳,冼星海(しようせいかい),古元等の一流の芸術家教授陣の指導により,多くの文芸幹部を養成した。当学院最大の成果は,卒業生賀敬之らが集団創作した大型歌劇《白毛女》(1944)だが,木刻画の活動も忘れることはできない。なお,中国革命の展開のなかで東北,蘇北等にも分置された。…

※「白毛女」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

ブラックフライデー

米国などで、感謝祭(11月第4木曜日)の翌日の金曜日のこと。休日とする職場が多く、商店にとってはクリスマス商戦の初日に当たる。「ブラック」は、買い物客による混雑、または黒字を連想させることから。→サイ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android