コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

白雄 シラオ

百科事典マイペディアの解説

白雄【しらお】

江戸後期の俳人加舎(かや),名は吉春別号春秋庵等。信州上田藩士の次男として江戸に生まれた。1765年鳥酔門の鳥明に入門,鳥酔にも師事してその蕉風復古説の影響を受けた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

しらお【白雄】

1738‐91(元文3‐寛政3)
江戸中期の俳人。姓は加舎(かや),名は吉春,通称は五郎吉。父の祖母方の姓をとり,平田忠次郎と名乗ったときもある。江戸深川の人。生年を1735年(享保20)とする説もある。信濃国上田藩士加舎吉享の次男。5歳で母に死別,13歳で家出したとも,また上野国館林の禅寺で修行したともいうが,不明。俳諧ははじめ舎来と号して青峨に学び,ついで烏明に入門して昨烏(さくう)と号し,その師の鳥酔にも学んだ。1769年(明和6)8月,信州にあって処女選集《おもかげ集》を編纂。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

白雄
しらお

加舎白雄」のページをご覧ください。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

白雄
しらお
(1738―1791)

江戸中期の俳人。姓は加舎(かや)。本名吉春。通称五郎吉。初号舎来(しゃらい)、ついで昨烏(さくう)と名のった。別号白尾坊。江戸深川の生まれ。1735年(享保20)を生年とする説もある。信州(長野県)上田藩士の次男。5歳で生母に死別し、13歳のとき家出し、上州館林(たてばやし)で禅寺に修行したともいうが、確かなことはわからない。俳諧(はいかい)は初め青峨(せいが)に学び、ついで烏明(うめい)に入門、さらに烏明の師鳥酔(ちょうすい)にも学んだ。諸国を旅したが、とくに信州へはしばしば足を運んで、多くの門弟を育てた。1780年(安永9)江戸日本橋に春秋庵(あん)を開き、俳諧集『春秋稿』を続刊、俳壇に一勢力を築いた。師鳥酔の説を継ぎ、俗な世界を離れて自然な趣(おもむき)を重んじることを主張した。寛政(かんせい)3年9月13日没。俳論は1771年(明和8)京都の仮寓(かぐう)で書いた『加佐里那止(かざりなし)』がよく知られ、ほかに『寂栞(さびしおり)』(1812)がある。作風は繊細で高雅。編著に『面影集』(1769)、『文車(ふぐるま)』(1772)などがある。
 人恋し灯(ひ)ともしごろをさくらちる[山下一海]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

白雄の関連キーワード大久保漣々(1)鈴木道彦(1)榎本星布尼下河原雨塘春秋庵白雄加佐里那止小河原雨塘常世田長翠森川袁丁倉田葛三岡崎如毛藤原保吉成沢雲帯川村碩布中村淡斎鈴木道彦今泉恒丸建部巣兆塩田冥々天明調

今日のキーワード

姑息

[名・形動]《「姑」はしばらく、「息」は休むの意から》一時の間に合わせにすること。また、そのさま。一時のがれ。その場しのぎ。「姑息な手段をとる」「因循姑息」[補説]近年、「その場だけの間に合わせ」であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android