コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

白髪(白毛症) しらがはくもうしょう

食の医学館の解説

しらがはくもうしょう【白髪(白毛症)】

《どんな病気か?》


〈髪の色素をつくる細胞の機能低下で起こる〉
 白髪(しらが)は老化現象の1つで、髪の色素をつくる細胞の数が減ったり、その働きが低下することによって起こります。
 紫外線の浴びすぎや、血行不良、髪に必要な栄養素が不足するとさらに進行します。
 若白髪の場合は遺伝的傾向が強く影響しますが、ストレスも頭皮(とうひ)の血行を悪くし、進行を早める一因となります。

《関連する食品》


〈細胞の再生を促進し、健康な髪をつくるビタミンB2
○栄養成分としての働きから
 白髪の予防には、ビタミンB2やビオチン、パントテン酸などのビタミンB群が有効に働きます。
 ビタミンB2は、細胞の再生をうながし、健康な髪をつくるビタミンで、ウナギやレバー、サバ、サケなどに多く含まれています。
 ビオチンも、健康な髪や皮膚を保つのに欠かせません。不足すると、疲れやすくなる、憂うつになるなどの症状が現れ、同時に白髪になったりします。レバー、イワシ、ピーナッツ、たまごなどに多く含まれています。また、腸内細菌によってもさかんに合成されているので、便秘しないよう整腸作用のある食品をとるよう心がけましょう。
 レバー、納豆、サケ、イワシに多く含まれるパントテン酸は、免疫力(めんえきりょく)やストレスに対する抵抗力をつけるビタミンで知られ、動物実験ではパラアミノ安息香酸(あんそくこうさん)(PABA)といっしょにとると、白くなりかけた髪を黒くする働きがあるといいます。
 パラアミノ安息香酸というのは、やはりビタミンB群の仲間で、葉酸(ようさん)をつくる構成成分です。パントテン酸の吸収を高める働きがあるほか、紫外線から髪や皮膚をまもってくれるので、シワなど肌の老化にも有効です。パラアミノ安息香酸は、レバー、牛乳、たまご、玄米(げんまい)に多く含まれています。
○漢方的な働きから
 なお漢方では、天日干しにしたツルドクダミの根が、白髪の予防薬として古くから用いられています。
 用法はツルドクダミの根を2週間ほど乾燥させます。細かく刻んで茶葉として使ってみましょう。

出典|小学館食の医学館について | 情報

今日のキーワード

異常天候早期警戒情報

5日から 8日先を最初の日とする 7日間の平均気温がかなり高い,またはかなり低い確率が 30%以上と見込まれる場合に注意を呼びかけるため気象庁から発表される情報。低温や猛暑が長く続くと,人の活動や農作...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android