コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

田沢湖線 たざわこせん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

田沢湖線
たざわこせん

盛岡と大曲 (秋田県) を結ぶ鉄道。 JR東日本。全長 75.6km。奥羽山脈を横断して,東北本線奥羽本線を連絡。 1966年生保内 (おぼない) 線と橋場線が結ばれて全通,改称した。盛岡秋田を結ぶ交通路として重要。 82年電化。 96年3月から 97年3月まで,全列車を運休,代行バス利用とし,ミニ新幹線工事を行なった。 97年3月,田沢湖線,奥羽本線を使って盛岡・秋田間に秋田新幹線が開通。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

田沢湖線【たざわこせん】

岩手県盛岡〜秋田県大曲間のJR線。営業キロ75.6km。奥羽山脈を横断して東北本線と奥羽本線を連絡,盛岡〜秋田を最短距離で結ぶ。盛岡側を橋場線,大曲側を生保内(おぼない)線と称したが,1966年全通して改称。
→関連項目奥羽本線角館[町]新幹線田沢湖[町]中仙[町]

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

デジタル大辞泉プラスの解説

田沢湖線

JR東日本が運行する鉄道路線。岩手県盛岡市の盛岡駅から秋田県大仙市の大曲駅を結ぶ。秋田新幹線が通る。

出典|小学館デジタル大辞泉プラスについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

たざわこせん【田沢湖線】

東北本線盛岡駅から奥羽本線大曲(おおまがり)駅まで75.6kmのJR東日本の営業線。盛岡~秋田間の短絡線として建設されたもので,盛岡側からは橋場線として1921年6月雫石(しずくいし)までが,大曲側からは生保内(おぼない)線として同年7月角館(かくのだて)まで(1923年生保内まで)がそれぞれ開業した。66年10月両線が全通,田沢湖線と改称された。旧線名の生保内線は,田沢湖の最寄駅生保内にちなむもので,同駅は66年10月田沢湖駅と改称された。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

田沢湖線
たざわこせん

岩手県から秋田県の中央部を走る東日本旅客鉄道の線路名称。盛岡―大曲(おおまがり)間75.6キロメートル。全線単線、交流電化。奥羽山脈を横断して東北本線と奥羽本線を結ぶ。北上(きたかみ)川の支流雫石(しずくいし)川流域と雄物(おもの)川の支流玉川の流域を走り、分水嶺(ぶんすいれい)を仙岩(せんがん)トンネル(長さ3915メートル)で抜ける。盛岡寄りは橋場(はしば)(軽便)線、大曲寄りは生保内(おぼない)(軽便)線として建設され、前者は1921~1922年(大正10~11)盛岡―橋場間を(1944年、雫石―橋場間休止)、後者は1921~1923年大曲―生保内(現、田沢湖)間を開業したが、1964~1966年(昭和39~41)雫石―生保内間を結び、両線を統合して田沢湖線とした。1982年電化され、盛岡―秋田間に東北新幹線に接続する特急列車が走るようになって、幹線鉄道に準ずるものとなった。
 1987年、日本国有鉄道の分割民営化に伴い、東日本旅客鉄道に所属。1997年(平成9)3月、ミニ新幹線方式の秋田新幹線の営業運転が開始された。それに伴い、田沢湖線は全線軌間1067ミリメートルから1435ミリメートルに改軌された。在来車両の乗入れはできないが、盛岡―大曲間の普通列車は車両を新軌間に合わせて改造し運行している。沿線には田沢湖や小城下町の趣(おもむき)を残す角館(かくのだて)などがある。[青木栄一・青木 亮]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

田沢湖線の関連キーワード田沢湖抱返り県立自然公園田沢湖(旧町名)駒ヶ岳(秋田県)田沢湖高原温泉田沢湖[町]黒湯[温泉]滝沢[村]秋田(市)滝沢(市)仙北(市)大仙(市)抱返り渓谷大曲[市]雫石(町)後生掛温泉乳頭温泉郷中仙[町]仙北[市]角館[町]滝沢[市]

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

田沢湖線の関連情報