コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

目の外傷 めのがいしょう Injury of the Eye

1件 の用語解説(目の外傷の意味・用語解説を検索)

家庭医学館の解説

めのがいしょう【目の外傷 Injury of the Eye】

[どんな病気か]
 眼球(がんきゅう)そのものの外傷と、眼球付属器(がんきゅうふぞくき)(まぶた、外眼筋(がいがんきん)など)や視神経(ししんけい)の外傷など、いろいろあります。
 眼球の外傷には鈍的外傷(どんてきがいしょう)、鋭的外傷(えいてきがいしょう)それに非機械的外傷(ひきかいてきがいしょう)があります。そのなかでも、穿孔性眼球外傷(せんこうせいがんきゅうがいしょう)、眼球打撲(がんきゅうだぼく)、網膜硝子体出血(もうまくしょうしたいしゅっけつ)、網膜剥離(もうまくはくり)、異物(いぶつ)や化学外傷(かがくがいしょう)などが比較的よくみられます。
●異物による外傷
 風の強い日などに目にごみが入り、ゴロゴロして涙が出てきます。たいてい異物が、まぶた(眼瞼結膜(がんけんけつまく))か黒目(くろめ)に刺さっていることが多いようです。
 小さいごみは、涙が出てきて、流れてとれることがありますが、ゴロゴロ感や痛みが続くようであれば、目をこすらずに、洗面器にきれいな水を入れ、顔をつけて、水の中でパチパチとまばたきすると、異物がとれることがあります。
 症状が続く場合は、眼科を受診してください。
 アルカリや酸などの薬物が目に入ったときは、すぐに大量の水で目を洗うことがもっともたいせつです。その後すぐに、必ず眼科医を受診してください。放置しておくと失明(しつめい)してしまうおそれがあります。
切り傷
 ナイフなどの鋭利(えいり)な刃物で目を突いたり切ったりしたときは、ただちに手術のできる眼科医を受診しなければなりません。
 原因は不明ですが、けがをしている目だけでなく、正常なほうの目にも交感性眼炎こうかんせいがんえん)がおこり、失明することもあります。
 交感性眼炎をおこした場合、副腎皮質(ふくじんひしつ)ホルモン薬(ステロイド)が大量に使用されます。
 角膜(かくまく)だけの切り傷の場合は、角膜を縫(ぬ)うだけでよいこともありますが、水晶体(すいしょうたい)や網膜まで傷が達している場合は、放置しておいてはいけません。放置すると白内障(はくないしょう)、緑内障(りょくないしょう)、網膜剥離などの合併症がおこる可能性があるからです。必ず手術の設備のある眼科を受診してください。
 以上のほか、目の近くに切り傷を負った場合は、全身的に異常がみられなければ、眼科で縫合してもらうのがよいでしょう。
●打撲(だぼく)
 眼球にボールなどが当たったときにおこる目の外傷で、軽いものから重いものまであります。
 軽いものでは、視力の低下はなく、まぶたの上から冷湿布(れいしっぷ)して安静を保つだけでよいでしょう。
 目がぼやけたり、視野に見えないところができたりした場合は、すぐに眼科医の診察を受けてください。
 眼球の中が出血していたり、眼球の後ろの視神経が損傷されていたりする場合には、入院して治療しなければなりません。
 また、眼球のまわりの骨が折れて眼球の動きが悪くなると、物が二重に見えてきます(複視)。この場合はようすをみて、治らない場合は手術を行ないます。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。この事典によって自己判断、自己治療をすることはお止めください。あくまで症状と病気の関係についてのおおよその知識を得るためのものとお考えください。

目の外傷の関連キーワード眼球振盪眼球銀行眼球岩塩眼球ミグマタイト眼球圧砕岩眼球展砕岩眼球白粒岩眼球斑糲岩石灰質眼球千枚岩石英眼球

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone