コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

直会 なおらい

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

直会
なおらい

祭りの終了後,司祭者と氏子のおもだった者が神供を降ろして共同飲食することをいう。相嘗 (あいなむ) るの意のナムリアイがナウリアイとなまり,さらにナオライに転じたという説もあり,これによれば神人がともに食事をすることに本義が求められる。現在では神祭りが終ったあとの慰会のように受止められているが,これは別に後宴 (ごえん) と称するもので,本来は神人共食の行為つまり会が祭りを構成する儀式の一つであったと考えられる。特に新穀を奉って行う直会は,今日も宮中の新嘗祭 (にいなめさい) などにみられる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

なおらい〔なほらひ〕【直会】

祭事が終わってのち、供え物神酒(みき)・神饌(しんせん)を下げて酒食する宴。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

直会【なおらい】

祭礼の直後,祭祀者(神職)・氏子が供えた神饌(しんせん)を下げて食すこと。直は神と人が共食することで,これによって,忌(いみ)や斎戒を解き,平常の生活に戻る。
→関連項目秋祭供物村寄合

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

なおらい【直会】

神祭に際して,神に捧げた神饌(しんせん)をおろして司祭者や氏子のおもなものが神前で相嘗(あいなめ)すること。新嘗や大嘗の嘗の字の古訓が〈ナフライ〉〈ナムライ〉であり,直会は〈ナフリアイ〉〈ナムリアイ〉で神と人とが共食することである。この神人共食によって神と人との親密が加わり,神の守護が得られるものと考えられた。この儀礼は本来神事の根幹をなすものであったが,今日では神事終了後の宴のように解され,神饌も熟饌から,そのままでは食べられない生饌に変わるにいたった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

なおらい【直会】

神祭終了後、神饌しんせんや神酒みきのおろし物を参加者が分かち飲食する行事。大嘗祭だいじようさい・新嘗祭しんじようさいにおける豊明とよのあかりの節会せちえなど。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

直会
なおらい

神祭りにおいて、神に供えたものと同様の御膳(おぜん)(斎食(さいしょく))、あるいは、神に供えた神酒(みき)や神饌(しんせん)のお下がりをちょうだいする行事をいう。一般には神祭りの最後に行われることから、これは神祭りに仕えるために、斎戒(さいかい)して清浄なる状態になったのを、祭りが終わって平常に戻ること、すなわち解斎(げさい)と説かれるが、もともとは祭りのなかで斎食を頂くことであった。宮中の新嘗(にいなめ)祭では、祭儀の中心において、神々との共食を直会と称し、京都の賀茂別雷(かもわけいかずち)(上賀茂)神社の御阿礼(みあれ)神事(神迎えの祭祀(さいし))では、祭場にて、神迎えに先だち、神酒と「掴(つか)みの御料(ごりょう)」(混ぜご飯のようなもの)を頂くことを直会と称しているなど、本来の直会の形式が今日もなお継承されている。直会を解斎と説いたのは本居宣長(もとおりのりなが)である。すなわち、「奈保理阿比(なほりあひ)の切(つづま)れる也(なり)、直(なほ)るとは、斎(ものいみ)をゆるべて、平常(つね)に復(かへ)る意也」(『続紀歴朝詔詞解(しょっきれきちょうしょうしかい)』)と。以来、直会と解斎とが混同されてきたのである。[沼部春友]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の直会の言及

【相嘗】より

…相饗(あいにえ)ともいう。嘗はなめる,ねぶる,味わうの意で,《日本書紀》などの新嘗(にいなめ)や大嘗祭の記事ではナフライとよまれており,転じて直会(なおらい)となる。したがって相嘗は直会と同じ意であり,神祭にさいして,神に神饌をささげ,それを司祭者・参加者がいただく神人共食の儀礼である。…

【共食】より

…共食には神と人との共食,人と人との共食がある。神と人との共食は,神に捧げた御食(みけ)(神饌)そのもの,もしくは同じものを調製し,祭りの司祭者・氏子が神前で相嘗(あいなめ)すなわち直会(なおらい)をする。神と人とが同じ食物を味わうことによって,両者の親密を強め,生活安泰の保証を得ようとするものである。…

【食事】より

…宗教行事において,神前にささげた食物や神酒を行事に参加した者どうしで共同飲食をして,神人共食をすることにより,神とのコミュニケーションをはかることも,原始宗教ではよくおこなわれた。日本の祭りにおける直会(なおらい)はその例であるし,カトリックのミサにおいてキリストの肉を象徴するパンと,血を象徴するブドウ酒がもちいられるのも,人類の罪をあがなうための犠牲獣にキリストをなぞらえたものである。 精神状態に強く作用するアルコール性飲料は,宗教行事と深いかかわりをもっている。…

【神道】より

…人々は神に対する願いを祝詞(のりと)や歌などで伝え,神は託宣やさまざまな卜占によって神意を示す。その後,神々と人々とがともに酒を飲み,御饌を食べる直会(なおらい)によって,神と人とのつながりをたしかめて,神々が祭りの場を去ると,禁忌が解かれて祭りは終わる。祭りの多くは農耕儀礼と結びついており,年頭の豊作祈願,春の農耕開始,夏の病害虫駆除,秋の収穫感謝の四つの祭りが最も主要なものであった。…

※「直会」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

直会の関連キーワード大嘗祭(だいじょうさい)ハレ(民俗学)のっぺい汁神道用語集酒盛り唄岡本芳水神社建築郷土料理韓神祭酒盛り送り膳祝い殿大茶盛直会所直会殿解斎殿御清め祭事竟宴解斎

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

直会の関連情報