コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

看護学 かんごがくnursing science

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

看護学
かんごがく
nursing science

看護の基礎となる学問体系のこと。保健医療の進歩に伴い,近代科学として体系化されてきた。内容としては,看護概念,看護技術学,看護管理学などの総論と,成人看護学,小児看護学,母性看護学などの各論に分けられる。看護の性質上,医学,特に臨床医学との関連が深い。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

かんご‐がく【看護学】

看護の実際理論を研究する学問。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

かんごがく【看護学 nursing】

看護とは,人が生まれ,その生を閉じるまでに経験されるすべての健康現象において,個人および家族,地域社会に関与することによって,個人の生命力ないし生活力を十分に発揮できるように援助することを意図した〈働き〉といえる。看護学は,このような看護の基本的機能を向上させるために,看護理論,看護実践,そして看護研究の発展をめざす学問である。これら看護学の三つの領域は独自に発展するものではなく,相互に影響を及ぼし合っている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

かんごがく【看護学】

看護のための理論および実際を研究する学問。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の看護学の言及

【看護】より

…〈看〉が手を眉上にかざして見ることから〈よくみる〉〈いつくしみみる〉を意味し,〈護〉は〈まもる〉を意味することから,〈看護〉とは〈いつくしみの心をもってみまもること〉ということができよう。英語のnursingはnurture(養育・愛着・保育)から派生したものである。 人は古来,外界の危害から身をまもり,傷ついたり病んだりしたときに互いにいたわり,助けあい,生の営みをつづけてきた。…

※「看護学」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

看護学の関連キーワード日本赤十字看護大学(にっぽんせきじゅうじかんごだいがく)ブリティシュコロンビア大学東京慈恵会医科大学 成医会アメリカ・カトリック大学バチェラーズディグリーチュラーロンコーン大学マスターズディグリー日本看護系学会協議会モントリオール大学ジョージタウン大学バンダービルト大学和歌山県立医科大学日本看護学教育学会日本看護科学学会日本看護研究学会福島県立医科大学バイオエシックス日本家族看護学会東京女子医科大学パーデュー大学

看護学の関連情報