コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

真珠夫人 しんじゅふじん

4件 の用語解説(真珠夫人の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

しんじゅふじん【真珠夫人】

菊池寛長編小説。1920年《東京日日新聞《大阪毎日新聞》に掲載。唐沢男爵の令嬢瑠璃子は,父をおとしいれた船成金の荘田勝平の後妻となり,身体を許さずに老醜の夫を翻弄する。勝平は白痴の息子に襲われて急死,瑠璃子の復讐は成就するが,莫大な遺産を相続した彼女はサロンの女王として君臨し,女性を弄ぶすべての男性に挑戦する。しかし,崇拝者の一人,青木稔を義理の娘美奈子が慕っていることを知った彼女は,稔をしりぞけるが,その真意を誤解した彼に刺されて死ぬ。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

デジタル大辞泉の解説

しんじゅふじん【真珠夫人】

菊池寛の長編小説。大正9年(1920)大阪毎日新聞・東京日日新聞で連載。父の借金により船成金の老人のもとに嫁がされた瑠璃子が、恋人直也のため貞操を守りつつ、男たちを手玉にとって生きてゆくさまを描いた愛憎劇。主人公モデルは歌人の柳原白蓮とされる。数多くの映画化・ドラマ化作品がある。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉プラスの解説

真珠夫人

東海テレビ制作、フジテレビ系列放映による日本の昼帯ドラマ。2002年4月~6月放映(全65回)。原作:菊池寛の同名小説。元華族の令嬢が、運命に翻弄され近寄る男を次々と破滅させていく魔性の女性となっていく姿を描く。出演:横山めぐみ葛山信吾大和田伸也ほか。

真珠夫人

TBS系列放映による日本の昼帯ドラマ。花王愛の劇場。1974年9~10月放映(全40回)。原作は菊池寛の同名小説。出演:光本幸子、久富惟晴ほか。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

真珠夫人の関連キーワード阿部真之助東京日日新聞旅愁菊池寛賞中編小説長編小説テーマ小説瑠璃子

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

真珠夫人の関連情報