知立(市)(読み)ちりゅう

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

知立(市)
ちりゅう

愛知県中央部にある市で、岡崎平野中央に位置する。1970年(昭和45)市制施行。名古屋鉄道本線と同三河線、国道1号、23号、155号、419号が交差する交通の要地で、2003年(平成15)には衣浦(きぬうら)豊田道路が開通した。もと池鯉鮒(ちりふ)と書き、江戸時代旧東海道の宿駅(池鯉鮒宿)として栄えた。木綿市(もめんいち)、馬市も立ち、芭蕉(ばしょう)も「不断たつ池鯉鮒の宿の木綿市」と詠んでいる。近年は工業化、住宅化が著しく、名古屋への通勤者も多い。知立神社は延喜(えんぎ)式内社で西三河一の大社。多宝塔は国の重要文化財に指定され、例祭日には隔年に「山車(だし)文楽」と「からくり」(ともに国指定重要無形民俗文化財およびユネスコの無形文化遺産)が上演される。県の名勝「八橋伝説地(やつはしでんんせつち)」は平安初期の歌人在原業平(ありわらのなりひら)がカキツバタの折句の歌を詠んだ所で、近くにある無量寿寺(むりょうじゅじ)はカキツバタの庭で有名、境内に八橋史跡保存館がある。面積16.31平方キロメートル、人口7万0501(2015)。[伊藤郷平]
『『池鯉鮒宿覚書帳』(1971・知立市) ▽『知立市史』全3巻(1976~1979・知立市)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

閻魔詣で

陰暦1月16日(初閻魔)と7月16日(大斎日)に閻魔堂に参詣(さんけい)すること。この日は地獄の釜(かま)のふたが開き、罪人が責め苦を免れると伝えられる。閻魔参り。《季 夏》...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

知立(市)の関連情報