知立市(読み)ちりゅう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「知立市」の解説

知立〔市〕
ちりゅう

愛知県中部,岡崎平野にある市。 1970年市制。市名は知立神社または智立郷にちなみ,中心市街地は江戸時代に「池鯉鮒 (ちりふ) 」と書かれ,東海道宿場町として繁栄東海道本線通過に反対したため,中心的機能は安城移転豊田,刈谷両工業都市を結ぶ道路沿いに金属製品,輸送機器工場が進出し,宅地化も進んでいる。八橋無量寿寺のカキツバタ池は有名。面積 16.31km2。人口 7万501(2015)。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

緑酒

〘名〙 緑色の酒。よい酒。うまい酒の色としていう。※菅家文草(900頃)五・雨晴対月「緑酒猶催醒後盞、珠簾未レ下暁来鈎」※一高寮歌・嗚呼玉杯に花うけて(1902)〈矢野勘治〉「嗚呼玉杯に花うけて 緑酒...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android