コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

石上寺 イソノカミデラ

3件 の用語解説(石上寺の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

いそのかみ‐でら【石上寺】

天理市にあった寺。寺跡については、遍昭(へんじょう)素性(そせい)ゆかりの布留の良因寺、石上にあった在原(ありわら)寺など諸説がある。[歌枕]

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

いそのかみでら【石上寺】

奈良県天理市にあった寺。旧跡に二説あり、石上にあった在原ありわら寺とするものと、布留にあって僧正遍昭・素性が住み、良因寺・良峰寺・今宵こよい薬師ともいった寺とするものとがある。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

石上寺
いそのかみでら

奈良県天理市にあった寺。所在地については諸説ある。一つは石上神宮のある布留(ふる)にあった僧正遍昭(へんじょう)(816―890)建立とするものであるが、『続日本後紀(しょくにほんこうき)』834年(承和1)の護命(ごみょう)卒伝に石上寺の名がみえ、疑問がある。ここには遍昭の子素性(そせい)が住んだと伝える。また天理市の北部、字(あざ)石上にあった在原寺(ありはらでら)とする説があり、在原業平(ありわらのなりひら)の住所に建てられたとする。そのほか石上布留村の良因寺とする説などもある。[石田瑞麿]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

石上寺の関連キーワード天理市天理大学丹波市石上城南寺天理人欲布留上田武治郎吉田藤三郎黒松稲天

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone