石渡 荘太郎(読み)イシワタ ソウタロウ

20世紀日本人名事典の解説

石渡 荘太郎
イシワタ ソウタロウ

大正・昭和期の大蔵官僚,政治家 蔵相;宮内相;貴院議員。



生年
明治24(1891)年10月9日

没年
昭和25(1950)年11月4日

出生地
東京

学歴〔年〕
東京帝大法科大学英法科〔大正5年〕卒

経歴
大蔵省に入り、司税官、国税課長を経て、昭和9年主税局長、11年内閣調査局調査官、12年第1次近衛内閣の大蔵次官。北支事件特別増税案などを立案。14年平沼内閣の蔵相。その後、米内内閣書記官長、大政翼賛会事務総長を歴任し、17年国民政府・汪兆銘政権の最高経済顧問として南京に赴任。19年帰国後、東条内閣、小磯内閣の蔵相となり、強硬な増税政策を推進した。20年鈴木貫太郎内閣宮内相、21年公職追放。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

新訂 政治家人名事典 明治~昭和の解説

石渡 荘太郎
イシワタ ソウタロウ


肩書
蔵相,宮内相,貴院議員

生年月日
明治24年10月9日

出生地
東京

学歴
東京帝大法科大学英法科〔大正5年〕卒

経歴
大蔵省に入り、司税官、国税課長を経て、昭和9年主税局長、11年内閣調査局調査官、12年第1次近衛内閣の大蔵次官。北支事件特別増税案などを立案。14年平沼内閣の蔵相。その後、米内内閣書記官長、大政翼賛会事務総長を歴任し、17年国民政府・汪兆銘政権の最高経済顧問として南京に赴任。19年帰国後、東条内閣、小磯内閣の蔵相となり、強硬な増税政策を推進した。20年鈴木貫太郎内閣宮内相、21年公職追放。

没年月日
昭和25年11月4日

家族
父=石渡 敏一(枢密顧問官)

出典 日外アソシエーツ「新訂 政治家人名事典 明治~昭和」(2003年刊)新訂 政治家人名事典 明治~昭和について 情報

367日誕生日大事典の解説

石渡 荘太郎 (いしわたり そうたろう)

生年月日:1891年10月9日
大正時代;昭和時代の官僚;政治家。貴族院議員;大蔵大臣
1950年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

いざなぎ景気

1965(昭和40)年11月から70(昭和45)年7月にかけて57カ月続いた戦後最長の消費主導型景気拡大局面のこと。名目成長率は毎年2桁で推移した。これに先立つ1955~56年の「神武景気」や58年~...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android