コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

硫酸ジメチル りゅうさんじめちる

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

硫酸ジメチル
りゅうさんジメチル

硫酸メチル」のページをご覧ください。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

硫酸ジメチル
りゅうさんじめちる
dimethyl sulfate

メタノール(メチルアルコール)と硫酸の中性エステル。ジメチル硫酸とよばれることがあるが、正しい名称ではない。合成法は、(1)発煙硫酸と乾いたメタノールとの反応により硫酸水素メチルをつくり、これを蒸留して硫酸ジメチルに変換する方法、(2)ジメチルエーテルと三酸化硫黄(いおう)との連続反応による方法などがあり、後者は工業的製造法として知られている。
 無色の油状液体で、エタノール(エチルアルコール)、エーテルに溶ける。刺激性はないが、きわめて有毒で、吸入あるいは皮膚への付着によって中毒をおこし、呼吸器粘膜の炎症で死に至ることがある。発癌性(はつがんせい)もある。強力なメチル化剤として、フェノールやアルコールのO-メチル化、アミンのN-メチル化、チオールのS-メチル化に広く応用される。有毒で取り扱いにくいので、実験室的には他のメチル化剤に代替される傾向にある。[廣田 穰]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の硫酸ジメチルの言及

【エステル】より

…ジカルボン酸のジエステル(中性エステル)は可塑剤として用いられる。 無機酸エステルのうち,硫酸ジメチル(CH3)2SO4は重要なメチル化剤としてよく用いられているが,有毒な液体(沸点187.5℃)であるので取扱いに注意が必要である。これはヨウ化メチルと硫酸銀とを高温で反応させて製造する。…

【硫酸エステル】より

…重い油状の液体で,水には溶けにくいが徐々に加水分解される。ジメチルエーテルとSO3から工業的につくられる硫酸ジメチルdimethyl sulfate(CH3O)2SO2(融点-31.4℃,沸点187.5℃)は,水酸基-OHやアミノ基-NH2をメトキシル基-OCH3またはメチルアミノ基-NHCH3に導くメチル化試薬としてよく用いられる。ただし猛毒で,皮膚からも吸収されるので取扱いには注意を要する。…

※「硫酸ジメチル」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

硫酸ジメチルの関連キーワード硫酸ジメチル(データノート)メチルセルロースヨウ化メチルアルキル化剤アニソール硫酸銅

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android