磁気ヘッド(読み)じきへっど

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

磁気ヘッド

磁界を発生させて磁性体を磁化してデータを書き込んだり、磁界の変化を検知してデータを読み出したりするための装置のこと。ハードディスクなど、データの記憶に磁性体を利用する記憶装置に組み込まれている。

出典 ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

磁気ヘッド
じきヘッド
magnetic head

音声や映像信号などを磁気テープ磁気ドラムなどに記録したり,再生するための素子。磁気ヘッドはその機能上から録音,録画,再生,消去用に分類される。ヘッドは,透磁率の大きい磁心 (コア) にコイルを巻き,テープなどの磁性面に当る部分に空隙を設けてある。磁性面がこの空隙を離れるとき残留する磁気によって情報の記録を行い,また残留磁気による起電力によって再生を行う。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

磁気ヘッド
じきへっど
magnetic head

オーディオ用テープレコーダーやビデオテープレコーダーにおいて、磁気テープに接触させる磁性体の部分をいう。磁気テープに、電気信号を磁気信号として記録させるもの、記録されている磁気信号を電気信号に変換するもの、および磁気信号を消去するものがあり、目的に応じて記録ヘッド、再生ヘッド、消去ヘッドとよばれている。一つのヘッドで記録・再生の両機能を兼ねたものもあり、これはとくにカセットテープレコーダーのように重量・寸法などに制限がある場合に使用される。ヘッドの構造は記録用、再生用ともにリング状コアの一部に狭いギャップ(間隔)を設けてあり、コアの一部にコイルが巻かれている。消去ヘッドには幅の広いギャップのものが使われる。なお、磁性材料としてはパーマロイフェライト、センダスト、アルパームなどが使用されている。[金木利之・吉川昭吉郎]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の磁気ヘッドの言及

【センダスト】より

…粉にして圧し固めて同調コイルなどの磁心として使われてきた。最近では,磁気ヘッド材料として脚光をあびている。オーディオ用の磁気テープに保磁力の高い磁性粉(メタル)が用いられるようになって,耐摩耗性にすぐれ,パーマロイよりも高い飽和磁束密度をもつ磁心材料が必要になってきたためである。…

※「磁気ヘッド」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

配偶者

夫婦の一方からみた他方。配偶者としての身分は、婚姻によって取得し、婚姻の解消によって失う。親族ではあるが、親等はない。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android