岡部金治郎(読み)おかべきんじろう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

岡部金治郎
おかべきんじろう

[生]1896.3.27. 愛知
[没]1984.4.8. 愛知
電気工学者。東北大学電気工学科卒業 (1922) 。同大学講師,助教授 (25~29) ,名古屋高等工業学校教授を経て,大阪大学教授 (39~56) 。超短波の研究に従事し,1928年分割陽極マグネトロンを発明。 41年帝国学士院恩賜賞,44年文化勲章を受けた。 56年大阪大学退官後 72年まで近畿大学教授。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

岡部金治郎 おかべ-きんじろう

1896-1984 大正-昭和時代の電子工学者。
明治29年3月27日生まれ。名古屋高工(現名古屋工大)教授をへて,大阪帝大助教授,昭和14年教授となる。極超短波を研究し,分割陽極マグネトロンを発明した。16年学士院恩賜賞,19年文化勲章。昭和59年4月8日死去。88歳。愛知県出身。東北帝大卒。著作に「電子工学」「特殊熱電子管」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

おかべきんじろう【岡部金治郎】

1896‐1984(明治29‐昭和59)
電気工学者で,分割陽極マグネトロンを発明し,実用になる強さの超短波帯の電波を世界で最初に発生させた。名古屋市に生まれ,名古屋高等工業学校紡織科を卒業後,東北帝大理学部物理学科に入り,さらに同大学電気工学科に転学した。卒業後,東北帝大,名古屋高工に勤務し,1939年大阪帝大の教授となった。アメリカのハルA.W.Hull(1880‐1966)が1921年に発明したマグネトロンを,岡部は東北帝大で八木秀次の指導の下に研究した。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

岡部金治郎
おかべきんじろう
(1896―1984)

電気工学者。名古屋に生まれる。東北帝国大学卒業後、母校助教授を経て1929年(昭和4)名古屋高等工業学校教授。1935年大阪帝国大学助教授、1939年教授。この間東北大学で極超短波(マイクロ波)を発生させるための分割陽極マグネトロンを発明した(1927)。この研究は、アメリカのゼネラル・エレクトリック社のA・W・ハルが1921年に発明した単陽極マグネトロンの発振管としての性能を大きく向上させたものである。当時はバルクハウゼン‐クルツ振動管(BK管)による24センチメートル程度のものが最短波長であったが、岡部は波長12センチメートルの安定した発振に成功した。これを契機としてレーダー用のマグネトロンの開発が急速に進んだ。その後岡部は四分割陽極構造についても実験を行い、現在の多分割陽極マグネトロン方式を確立した。1936年には極超短波の研究で朝日文化賞受賞。1944年文化勲章受章。大阪大学名誉教授。[田中國昭]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

オフサイドトラップ

サッカーの守備の戦術。攻め込んでくる選手とすれ違うように守備側選手が一斉に前へ出て、攻撃側の選手をオフサイドの位置に残すもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android