磯遊び(読み)イソアソビ

百科事典マイペディアの解説

磯遊び【いそあそび】

3月3日に海や山に遊びに出る風習で,もと雛(ひな)を送ったり祓(はらえ)に水辺に出たりした行事の変化である。雛壇の前でするままごとを磯遊びというところもある。九州西側の沿海地方では雛祭の日に海岸に出て一日遊び暮らし,山口県大島郡などでも同じ日に磯遊びをする。磯祭と称して乙女(おとめ)たちが浜で草餅(くさもち)を食べる風習もある。沖縄地方でも三月遊びとか,浜降りといって女性たちが重詰めを持って海浜に行き,飲食を楽しむ。これらも,みんな〈はらえ〉や〈みそぎ〉のなごりである,という。3月3日の潮干狩も同じである。
→関連項目花見山遊び

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

いそあそび【磯遊び】

3月3日の節供の日に,海辺に出て遊ぶ行事。三月節供には,雛祭のほかに,野外に出て飲食する習慣が広く見られ,九州西部の沿岸地方では,この日の海辺での食事を磯遊びといい,大がかりな重詰めの馳走を用意する。琉球諸島でも,浜下りとか,三月遊びとかいって,女たちが重詰めを持って浜へ行き,飲食を楽しむ。それを,蛇の子を身ごもらぬためというのは,海辺での食事が,みそぎであったなごりである。これは,中国伝来の三月節供本来の性格を伝える習俗で,古代中国でも,3月3日には水辺で飲食する習慣があり,やはり,みそぎの行事であったらしい。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

いそあそび【磯遊び】

春の大潮のころ、または陰暦三月三日に、磯辺で貝や小魚を採って遊ぶこと。 [季] 春。 《 -二つの島のつづきをり /虚子 》

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の磯遊びの言及

【雛祭】より

…3月3日の(三月節供)の行事。この日の行事は雛人形を飾り祭るものと,山遊び磯遊びとに大別できる。雛人形を飾り祭るのは,中国伝来の3月上巳(じようし)の行事と日本に古くからある人形(ひとがた)によって身をはらおうとする考え,および貴族の幼女の人形遊びとが結合して,室町時代ごろに一応の形を整えたといわれる。…

【山遊び】より

…旧暦3月から4月にかけて,山野に出て食事をしたり遊んだりして終日を過ごすこと。野遊び,野掛けともいうが,海辺に出かけることもあって磯遊びともいわれている。3月3日や4月8日に決めて行う所が多く,この風は全国に及んでいる。…

※「磯遊び」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

配偶者

夫婦の一方からみた他方。配偶者としての身分は、婚姻によって取得し、婚姻の解消によって失う。親族ではあるが、親等はない。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

磯遊びの関連情報