コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

山遊び やまあそび

6件 の用語解説(山遊びの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

山遊び
やまあそび

旧暦3~4月にかけて一定の日に野山に行って食事をする行事のこと。全国的に古くから行われ,3月3日と4月8日に行われたところが多い。山勇み,野がけなどと呼ぶ地方もあり,山の花を取ってきて家に飾ることもある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

やま‐あそび【山遊び】

3月3日や4月8日などに山野に行って遊楽する行事。 春》

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

山遊び【やまあそび】

旧暦3月から4月の一定の日に村人たちが山や野に出て遊び,飲食をする行事。そのしるしとして花を折って持ち帰った。3月3日,4月8日などが特に多い。磯遊びと同種の行事で,古くから全国的に行われた。
→関連項目山岳信仰潮干狩

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

やまあそび【山遊び】

旧暦3月から4月にかけて,山野に出て食事をしたり遊んだりして終日を過ごすこと。野遊び,野掛けともいうが,海辺に出かけることもあって磯遊びともいわれている。3月3日や4月8日に決めて行う所が多く,この風は全国に及んでいる。重箱に馳走を詰めて互いに誘い合って山野や磯辺に出かけて遊ぶほかに,河原に臨時にかまどを築いて共同飲食をする所も少なくなく,また水辺で禊祓(みそぎはらい)をする例もある。都会の花見潮干狩りもこのなごりだと考えられ,現在では単なる行楽のように思われているが,元来は本格的な農事に先がけ,積極的に山野にこもって田の神祭の資格を身につけようとするものであったとされている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

やまあそび【山遊び】

三月三日の節句や卯月八日などに、野山に出て終日遊ぶこと。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

山遊び
やまあそび

旧暦の三月節供または卯月(うづき)(4月)8日のころ、食物を持って山や海辺に出て、1日遊ぶ行事。昔はほとんど全国で行われた。その名称もお花見、山行き、磯(いそ)遊び、野がけなど、土地によって違い、期日も3月3日だけではなく4月8日の前後という所が一般に多いが、3月の彼岸ごろや4月中旬の所もある。関東南部では、3月3日ごろ重箱にすしや煮しめなどを入れ、おもに女の子が山や丘などの小高い所に行って、持参の食物を交換しあって食べるというが、このとき雛(ひな)人形を一体ぐらい持って行く所もある。磯遊びは近代の潮干狩に続く行事であろうが、日本の南方の島々では3月3日をサンガンサニチといってかならず海岸に出なくてはならないとされ、昔は岩手県の山間部でも海岸へ出かける習わしがあった。いずれも春から夏にかけ、実際の農事の開始を迎えるころ、戸外で神を迎え祭りを行い飲食をともにした習俗と考えられ、なんらかの信仰的意味があったものと考えられる。[高野 修]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の山遊びの言及

【花】より

…陰暦4月8日に竹ざおの先に山から採ってきた花をつけ,家の門口に高く掲げる風は〈卯月(うづき)八日の天道花(てんとうばな)〉と呼ばれる。この日は山遊びといって近くの山に登り,ツツジの花などを採ってくる。その役にたずさわるのは,しばしば娘たちであった。…

【雛祭】より

…3月3日の(三月節供)の行事。この日の行事は雛人形を飾り祭るものと,山遊び磯遊びとに大別できる。雛人形を飾り祭るのは,中国伝来の3月上巳(じようし)の行事と日本に古くからある人形(ひとがた)によって身をはらおうとする考え,および貴族の幼女の人形遊びとが結合して,室町時代ごろに一応の形を整えたといわれる。…

※「山遊び」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

山遊びの関連情報