コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

示差熱分析 しさねつぶんせきdifferential thermal analysis

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

示差熱分析
しさねつぶんせき
differential thermal analysis

加熱に伴って変化する物質の物性を検知,利用する研究法と熱分析の総称。試料物質とともに発熱,吸熱の熱変化をもたない安定な標準物質を一定の速度で加熱しながら,両者の間に生じた温度差を検出記録し,その結果から試料の熱的特性を解析する熱分析の一部門である。 1887年 H.ル・シャトリエによって始められた。基準物質としては酸化アルミニウム塩化カリウムなどを用い,温度または時間と温度差をプロットした示差熱曲線をつくる。発熱,吸熱反応に応じて,示差熱曲線上にそれぞれ山,谷が現れ,物質に固有の形状を示すので,粘土鉱物や炭酸塩などの定性に用いることができる。示差熱曲線のピークの面積と試料物質の量との間には,一定の関係がある場合があり,これは定量分析に利用される。反応熱や反応速度の測定に利用することもある。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

しさ‐ねつぶんせき【示差熱分析】

熱分析法の一。試料と、熱的に安定なアルミナ石英などの標準物質とを一定の速度で加熱し、両者の温度差から試料の定性分析定量分析などを行うもの。DTA。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

示差熱分析【しさねつぶんせき】

鉱物などの多形転移,脱水,融解の温度を知る方法。これらの変化は一定温度で起こる吸熱・発熱反応であるから,高温までこの種の変化を起こさない基準物質と試料物質をそれぞれホルダに入れ,電気炉中で熱しながら二つの試料の温度差を計ると,試料物質に相転移や脱水・融解などが起こった温度が簡単にわかる。
→関連項目熱分析

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

栄養・生化学辞典の解説

示差熱分析

 示差熱分析法ともいう.試料と基準物質を同じ条件のもとにおき,同一条件で加熱もしくは冷却して両者の温度の変化を時間もしくは温度に対して記録して,試料の特性を知る方法.

出典|朝倉書店栄養・生化学辞典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

しさねつぶんせき【示差熱分析 differential thermal analysis】

略称DTA。試料の熱変化の大きさと温度を測定する実験方法。試料と熱的不活性体(通常アルミナ)を隔離して電気炉中に置き,両者を同じ状態のもとで加熱する。試料と不活性体は複熱電対で結んであるので,各温度について両者の間の温度差を測定できる。試料に脱水,変態などの熱的変化を生ずると温度差が現れ,吸熱または発熱反応として記録される。この方法は粘土鉱物の研究に広く用いられているが,他の硫化物・酸化物・各種塩類の研究,金属工学における相図の作成,反応熱や反応速度の測定などにも利用されている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内の示差熱分析の言及

【熱分析】より

…このような実験方法を総称して熱分析という。試料を一定速度で加熱しながら,熱分解や結晶水の分離などに伴う質量変化を直接熱てんびん(天秤)で測定する熱重量分析thermogravimetric analysisと,脱水,変態など試料の変化に伴う吸熱または発熱を測定する示差熱分析が広く利用される。また,滴定に際して反応熱による滴定溶液の温度変化を測定して滴定の終点を求めることもできる。…

※「示差熱分析」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

示差熱分析の関連キーワード示差熱天びん分析装置トリニトロトルエン示差走査熱量測定冷却曲線化学

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android