コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

社会医学 しゃかいいがくsocial medicine

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

社会医学
しゃかいいがく
social medicine

応用医学の一部門で,生理学心理学社会学など医学に関連する諸科学を総合して,人間疾病や健康と階級,職業,地域社会,経済条件,伝統などの社会要因との関係を研究し,個人と社会の健康と福祉の向上を目標とする医学。最近の世界的傾向としての社会保障の要請に伴い,その一環としての医療保障の実務を社会医学と呼ぶ慣用も生れ,アメリカのメディケア,イギリスのナショナル・ヘルス・サービス国民健康保険,日本の医療保険制度を社会医学とすることもある。また,医学教育のなかでいう社会医学とは,衛生学,公衆衛生学法医学などをさす。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

しゃかい‐いがく〔シヤクワイ‐〕【社会医学】

生活環境と健康との関係を研究する医学の一分野。環境医学・公害医学や保健衛生行政なども含まれる。→臨床医学

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

社会医学【しゃかいいがく】

生物としての人間だけでなく,社会的存在としての人間を重視して研究,診療を行う医学。したがってその対象は常に集団であり,諸種の社会階級・階層につき,それぞれ特殊な生活状況と健康状態との関連を検討し,特に勤労者階層の健康の維持,増進修復を,医学的および社会的に図ろうとする医学分野である。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

大辞林 第三版の解説

しゃかいいがく【社会医学】

社会的要因と健康との関係について追究する医学の一分野。農村医学・工場医学・地域医療など。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の社会医学の言及

【医学】より

…上述のフィルヒョーは〈医学は一つの社会科学であり政治学である〉といった。フランスでは,このような傾向の医学を社会医学とよんだ。しかし1848年に大きな転機を迎える。…

【公衆衛生】より

…伝染病対策には検疫,疫学的情報サービス,媒介動物駆除,伝染源追跡などがあり,環境衛生改善には上下水道,食品衛生,住居衛生,大気汚染,騒音問題などの公害対策,都市計画などが含まれる。(2)対人保健 衛生学の原理を個人に適用することによって集団の健康水準を向上させようとするもので,狭義の予防医学,社会衛生,狭義の社会医学などに大別される。予防医学の分野には予防接種,予防のための試験検査,衛生教育,成人病予防,栄養管理,疫学的研究,社会調査,衛生統計などが含まれる。…

※「社会医学」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

社会医学の関連キーワードライル(Martin Ryle)フランス医学アカデミー放射線健康管理学社会医学技術学院ジェンダー医学横手 千代之助高橋実(1)思春期医学オースラー小宮 義孝バカロレアシゲリスト国崎 定洞精液の証明国崎定洞丸山 博筑波大学庄司 光高橋 実老年病学

今日のキーワード

偽計業務妨害罪

虚偽の風説を流布し,または偽計を用いて人の業務を妨害する罪 (刑法 233) 。流布とは,犯人自身が公然と文書,口頭で伝達するほか,口伝えに噂として流す行為も含む。偽計とは人を欺罔,誘惑し,あるいは人...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

社会医学の関連情報