コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

社債権者集会 しゃさいけんしゃしゅうかい

3件 の用語解説(社債権者集会の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

社債権者集会
しゃさいけんしゃしゅうかい

社債権者(→社債)の意思決定機関。会社法上のものであるが株主総会のように常設の機関ではない。社債の種類ごとに組織され(会社法715),法定事項および社債権者の利害に関する事項を決議する(716条)。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

しゃさいけんしゃしゅうかい【社債権者集会】

社債権者の利害に重大な関係のある事項につき,社債権者の総意を決定する総社債権者から成る合議体。起債会社の外にある合議体であり,株主総会のような会社の機関ではない。社債はその期間が通常長期であるから,償還時までに不測の事態を生じることがあり,その場合に元利金の支払確保のための手段を講ずる必要があるために,法律上認められている(商法319条以下,担保付社債信託法58条以下)。招集は定期的ではなく,必要があるごとになされる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

社債権者集会
しゃさいけんじゃしゅうかい

同一種類の社債権者の利害に重大な関係がある事項につき、社債権者の総意を決定するために、総社債権者によって構成される臨時的な合議体。社債権者は、社債元利金の確実な支払いに関し共通の利害関係を有しており、共同の利益のために権利確保の行動をとることが、社債権者にとって有利であるばかりでなく、社債発行会社にとってもこの団体を相手にすれば足りるので、社債権者集会が法的制度として認められた。[戸田修三]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

社債権者集会の関連キーワード国道コンコルダート二級河川相続債権者利害関係記名社債無担保社債訟務一般債権担保付社債信託

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone