コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

神の下の国 かみのしたのくにone nation under God

知恵蔵の解説

神の下の国

2002年6月26日、サンフランシスコの連邦控訴裁判所の下した、公立学校での「星条旗への忠誠の誓い」を違憲とする判決は、たちまち全米に大きな波紋を巻き起こした。1892年に作られた「誓い」は、「アメリカ合衆国の国旗とそれが象徴する一体不可分である国」に対する忠誠をうたったもので、冷戦のさなかの1954年、連邦議会の議決によりそこに「神の下」(under God)なる2語が付加された。だがその「神」は、ドル紙幣の裏に記された「われら神を信ず」(In God We Trust)などの「神」同様、米国的価値観表明の便宜のごときものとみなされ、その宗教色は取りたてて問題にされないのが常であった。対テロ戦争で愛国心の高揚する中、それをあえて憲法の定める政教分離の原則に照らして違憲だと断じたこの判決は、当然のごとく激しい感情的反発を呼んだ。上下両院は直ちにほぼ満場一致で抗議決議を採択し、反響の大きさに驚いた連邦控訴裁は判決の効力を停止した。領土拡張や米国流自由精神の普及を神から与えられた「明白な宿命」(Manifest Destiny)とするように、米国には自らを、特殊な使命を帯びた、神の加護を得た国とする根強い発想がある。「神の下の国」の名において世界を敵と味方に二分する言説の是非、ブッシュ政権の単独行動主義的外交政策の妥当性のみならず、米国の建国以来の課題であった政治と宗教との関係をも改めて問い直すものであったところに、本判決が与えた衝撃の大きさの所以(ゆえん)がある。

(井上健 東京大学大学院総合文化研究科教授 / 2007年)

出典|(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」知恵蔵について | 情報

神の下の国の関連キーワードゴールドスミス(Jerry Goldsmith)科学技術安野光雅[各個指定]芸能部門ムン ソリ会田誠エンロン長田弘小沢剛坂本龍一

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

神の下の国の関連情報