コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

神税 しんぜい

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

神税
しんぜい

神田 (しんでん) より神社へ奉納した租税。古代より行われたが,文書による初例は,天武6 (677) 年天社地社の神税で,3分の1は供御,残り3分の2は神主に給えという勅である。大宝令では,神社に属する戸 (かんべ) の調庸田租は,すべて神社経費にあてられ,以来,鎌倉,室町江戸時代を通じて神税の制は維持され,祭祀,造宮などの費用にあてられた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

神税の関連キーワード役夫工米相馬御厨香取神宮正税使大宮司神戸官稲

今日のキーワード

悪魔の証明

証明が非常に困難なものごとを表す比喩表現。古代ローマ法において所有権の帰属証明が極めて困難であったことから、この言葉が初めて用いられたとされている。現代においては、権利関係や消極的事実の証明に関する法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android