コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

分(か)ち/別ち ワカチ

デジタル大辞泉の解説

わかち【分(か)ち/別ち】

物事の区別。けじめ。「昼夜の―なく歩きつづける」
わきまえること。分別。
「姫は―もなき中に」〈浄・用明天王
事情。顛末(てんまつ)。
「天皇は始終の―を聞こし召し」〈浄・千本桜

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

分(か)ち/別ちの関連キーワードミクマリノカミ(水分神)ゴットシャルク[オルベ]アンティレバノン山脈ホンダワラ(馬尾藻)セイロンベンケイソウフアン・デ・アビラミヤママタタビ勘解由小路韶光サクラメント薩藩旧記雑録ボルシェビキノブゴロド派諸聖人の通功小田切秀雄最後の晩餐岡崎乾二郎アイヌ音楽方田均税法アグリッパ開放耕地制

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android