神経鞘腫(読み)しんけいしょうしゅ(英語表記)neurinoma

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

神経鞘腫
しんけいしょうしゅ
neurinoma

シュワン腫ともいう。末梢神経を包むシュワン細胞から発生する腫瘍神経鞘内に発生するため,神経外膜から成る線維性被膜で囲まれている。 20~50歳に好発し,良性である。細胞は核の柵状配列を示すもののほか,細胞と線維の渦巻状の配列が特徴である。神経とつながっていることが多いので,切除の際には,どの神経とつながっているかを,あらかじめ電気的に調べておくことが望ましい。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

神経鞘腫【しんけいしょうしゅ】

末梢神経の神経鞘(神経繊維)から発生する良性腫瘍(しゅよう)。皮下組織,後腹膜,縦隔,聴神経根などにみられる。手術で切除すればよい。
→関連項目脳腫瘍

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

神経鞘腫
しんけいしょうしゅ

頭蓋(とうがい)内に発生する原発性の脳腫瘍(しゅよう)の一種。末梢神経線維の軸索を取り巻く神経鞘(シュワン細胞)から発生するためシュワン細胞腫ともいい、また、ほとんどが聴神経(第8脳神経)に発生することから聴神経鞘腫ともよばれる。三叉(さんさ)神経や顔面神経から発生する場合もあるがまれである。良性腫瘍であることが多く腫瘍細胞はゆるやかに成長するが、一部早く成長する悪性のものもある。[編集部]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

ABM

弾道ミサイル迎撃ミサイル。大陸間弾道ミサイルICBMや潜水艦発射弾道ミサイルSLBMを早期に発見・識別し,これを撃破するミサイル。大気圏外で迎撃するものと,おとりなどの識別が可能となる大気圏内で迎撃す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

神経鞘腫の関連情報