コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

神集島 かしわじま

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

神集島
かしわじま

佐賀県北西部,玄界灘にある島。唐津市に属し,湊の浜漁港から 1kmの沖にある。島の名称は神功皇后が三韓遠征のとき,神々を集めて軍議を開き戦勝を祈願したことによると伝えられる。メサ (テーブル) 状の玄武岩台地から成り,軍艦島の称がある。島民は漁業を主とし畑作を兼ねる。かつてはブリの大敷網で知られたが,現在はサバ,アジの巻網漁が中心。 1969年以来,タイの養殖で注目されている。玄海国定公園に属する。唐津市湊から定期船が就航。面積 1.42km2。人口 597 (2000) 。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本の地名がわかる事典の解説

〔佐賀県〕神集島(かしわじま)


佐賀県北西部、唐津(からつ)湾の湾口にある島。面積1.4km2。唐津市に属する。玄海(げんかい)国定公園に含まれる。台地状の島で、南西部の標高85m地点を最高所とし北になだらかに傾斜する。北岸から砂嘴(さし)が西方に延びる。島名は神功(じんぐう)皇后が戦勝を祈願し、神々を集めたという伝説に由来すると伝える。アジ・サバ漁を中心にエビ・ハマチなどを産する。

出典|講談社日本の地名がわかる事典について | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

神集島
かしわじま

佐賀県北西部、玄界灘(げんかいなだ)にある島。唐津(からつ)市に属する。唐津湾口西側の相賀(おうか)崎北方海上に浮かぶ。対岸の唐津市湊(みなと)町まで(約2キロメートル)を船が約7分で結ぶ。面積1.41平方キロメートル。玄武岩の台地状の島で、南にやや高く最高点標高90メートル余。水田がわずかにある。北端では砂嘴(さし)が南西方向に発達し、湾奥の集落と漁港を抱く。砂嘴先端に海上安全祈願の住吉(すみよし)神社がある。古来大陸交通要衝の地で、神功(じんぐう)皇后が戦勝祈願のおり、諸神を集めたという島名由来伝説がある。『延喜式(えんぎしき)』の「肥前国柏嶋牛牧(ひぜんのくにかしわじまのうしまき)」は本島という。島内には7か所の万葉歌碑が立つ。かつてはブリ、マグロの大敷網(おおしきあみ)基地。今日はサバ、アジの巻網(まきあみ)が主で、ほかにカレイ、エビ、タイ、イカなどの水揚げをもつ。鬼塚(おにづか)古墳群、ハマユウの群落などがあり、また玄海(げんかい)国定公園の一部。海水浴場やキャンプ場がある。人口490(2009)。[川崎 茂]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

神集島の関連キーワード唐津(市)国定公園北岸西方玄海湾口砂嘴島名

今日のキーワード

姑息

[名・形動]《「姑」はしばらく、「息」は休むの意から》一時の間に合わせにすること。また、そのさま。一時のがれ。その場しのぎ。「姑息な手段をとる」「因循姑息」[補説]近年、「その場だけの間に合わせ」であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

神集島の関連情報