コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

原遺跡 はらいせき

1件 の用語解説(原遺跡の意味・用語解説を検索)

防府市歴史用語集の解説

原遺跡

 楞厳寺山の西にあった中世の集落跡です。近くにある岩淵[いわぶち]遺跡同様、足鍋[あしなべ]や釜を作っていたようです。

出典|ほうふWeb歴史館
Copyright 2002,Hofu Virtual Site Museum,Japan
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

原遺跡の関連キーワード岡崎城カタニア草戸千軒町遺跡白須賀根小屋小松殿岩淵遺跡台ヶ原遺跡玉祖遺跡明地遺跡

今日のキーワード

ネコノミクス

猫が生み出す経済効果を指す造語。2012年に発足した安倍晋三内閣の経済政策「アベノミクス」にちなみ、経済が低迷する中でも猫に関連するビジネスが盛況で、大きな経済効果をもたらしていることを表現したもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

原遺跡の関連情報