福富草子(紙)(読み)ふくとみぞうし

百科事典マイペディアの解説

福富草子(紙)【ふくとみぞうし】

室町時代の御伽(おとぎ)草子。1巻。《福富長者物語》とも。放屁妙音を発する術で財宝を得た福富織部の隣に住む乏少(ほぐしょう)の藤太は,妻にそそのかされて織部に入門し,貴人の前で演じて失敗,打擲(ちょうちゃく)されて帰る。技芸成功談と物うらやみを戒める寓話の混成したもの。絵巻もあり,伝写本,模本が多いが,なかでも15世紀前半の制作とされる春浦院本(出光美術館蔵),クリーブランド美術館本が著名。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

特定非常災害

著しく異常かつ激甚な非常災害。死者・行方不明者・負傷者・避難者などの罹災者(りさいしゃ)および住宅の倒壊などの被害が多数発生し、交通やライフラインが広範囲にわたって途絶し、これによって地域全体の日常生...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android