コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

福羽逸人 ふくばはやと

5件 の用語解説(福羽逸人の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

福羽逸人
ふくばはやと

[生]安政3(1856).12.16. 津和野
[没]1921.5.19. 東京
西洋園芸技術の導入と普及に貢献した人。東京農学社に入り (1887) ,農芸化学を学ぶ。農商務省技師となり (90) ,かたわら東京農林学校,園芸学校で教鞭をとった。園芸法の改良に努め,日本の温室栽培の創始者で,野菜,花卉の促成栽培の先覚者としても功績があり,福羽いちご,菊の千輪づくりを考案した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

福羽逸人【ふくばはやと】

園芸家。石見(いわみ)国の人。学農社に学びヨーロッパ留学後,農商務省等に勤務。旧式園芸法の改良に努め,温室栽培法を導入。野菜・花卉(かき)促成の先覚者で,福羽イチゴやキクの千輪づくり等も創始。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

福羽逸人 ふくば-はやと

1856-1921 明治-大正時代の園芸学者。
安政3年11月16日生まれ。福羽美静(びせい)の養子。津田仙の学農社農学校にまなび,勧農局試験場にはいる。明治19-22年フランス,ドイツに留学。のち新宿御苑(ぎょえん)係長,内苑局長,宮中顧問官などを歴任。福羽イチゴの創出,ブドウなどの温室栽培をおこない日本の近代園芸の基礎をきずいた。大正10年5月19日死去。66歳。石見(いわみ)(島根県)出身。旧姓は佐々布。著作に「果樹栽培全書」。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

福羽逸人

没年:大正10.5.19(1921)
生年:安政3.12.16(1857.1.11)
明治時代の農学者。野菜,果実,花の品種改良と栽培方法の研究に功績を残す。津和野藩(島根県津和野町)の武士の子で,同藩の福羽美静の養子になり,のち子爵を継いだ。津田仙の設立した学農社で学び,明治19(1886)年ヨーロッパに留学。帰国後に宮内省に勤め,主に新宿御苑で研究に従事した。『蔬菜栽培法』(1893)などの著書がある。「福羽いちご」を育成し,これはかつてイチゴの最優良品種として知られていた。また温室および温床による野菜の促成栽培ですぐれた新方式をうちだした。晩年に宮中顧問官となる。<参考文献>『明治農書全集』6巻

(筑波常治)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

ふくばはやと【福羽逸人】

1856‐1921(安政3‐大正10)
園芸学者。子爵。石見国(島根県)の出身。生家は佐々布姓。福羽家の養子となる。1877年津田仙の主宰する学農舎農学校で西洋果樹,蔬菜(そさい)について学び,卒業後勧農局に入り80年播州ブドウ園の責任者となる。86年から89年までフランス,ドイツへ留学しブドウ栽培法とブドウ酒醸造法を修め,帰国後農商務省技師兼東京農林学校(東大農学部の前身)講師,ついで宮内省式部官を兼務。新宿御苑内苑頭,大膳頭を経て宮中顧問官となる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

世界大百科事典内の福羽逸人の言及

【イチゴ(苺)】より

…明治になって数多くの品種がアメリカ,フランス,イギリスから導入され,各地に土着して広まった。品種〈福羽〉は1899年ごろ,福羽逸人がフランスから導入したゼネラルシャンジーの実生から選抜育種したもので,1970年ごろまで促成栽培の主要品種であった。現在の主要品種は宝交早生,はるのか,ダナー(イラスト),芳玉(イラスト),麗紅などである。…

【ラン(蘭)】より

…現在のところ,明治10年(1877)ごろ,横浜にあったボーマー商会がイギリスからランや観葉植物を輸入していたので,ここから日本に渡来したとされている。また,1881年上野で開かれた,第2回内国博覧会のおりに温室が建ち,この中にシンビジウムやパフィオペディルムがあったといわれているし,89年,福羽逸人(いつんど)が東京麴町に温室をつくり,栽培をしていたともいわれている。いずれにしても,明治の初年から中ごろにかけ,イギリスやフランスなどから輸入されたものといえる。…

※「福羽逸人」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

福羽逸人の関連キーワード沢野淳伊藤音市大野市治岡山友清小林弥平斎藤勝広当麻辰次郎戸田小兵衛松岡直右衛門麦生富郎

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

福羽逸人の関連情報