秋萩帖(読み)アキハギジョウ

大辞林 第三版の解説

あきはぎじょう【秋萩帖】

〔巻頭の「あきはぎの…」の歌による命名〕
書の巻子本かんすぼん。古今集の秋の歌二首を書いた第一紙、万葉集・古今集・古今和歌六帖など所収の歌四六首を書いた第二紙、および王羲之の書状九通を臨書した部分とから成る。第一紙は小野道風、第二紙以下は藤原行成の筆と伝えるが、確証はない。和歌はすべて草仮名で書かれている。国宝。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

秋萩帖
あきはぎじょう

平安時代の書巻。色がわりの料紙を継いだ巻物に、「あきはぎの……」以下48首の和歌を書写し、さらに王羲之(おうぎし)の尺牘(せきとく)(手紙)を臨書している。巻頭の一紙と、唐時代の書写と思われる『淮南子(えなんじ)』の紙背(しはい)を転用した第二紙以下とでは筆者が異なり、後者は前者の模本と推定される。
 古来、第一紙を小野道風(とうふう)、第二紙以下を藤原行成(ゆきなり)の筆跡と伝えるが、所収の和歌の成立時期、音韻史的にみた仮名づかいや、書風の検討から、この伝承を支持する説が提出されている。草仮名の典型的遺品である。国宝。東京国立博物館蔵。[松原 茂]
『古谷稔著『秋萩帖論考』(1972・墨水書房)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

政府開発援助

政府ベースの経済協力の一つで,特に先進国政府が発展途上国の経済開発などを促進するため財政資金を使って供与する援助。 (1) 2国間での直接援助と,(2) 国際機関を通じての多国間援助に分けられる。直接...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android