コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

秋萩帖 アキハギジョウ

3件 の用語解説(秋萩帖の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

あきはぎじょう〔あきはぎデフ〕【秋萩帖】

平安中期の書の巻子本(かんすぼん)。小野道風筆と伝えられる。万葉集などの和歌48首と王羲之(おうぎし)の手紙を、草書体万葉仮名で書いたもの。書名は巻頭の歌「あきはぎの…」による。秋萩歌巻。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

あきはぎじょう【秋萩帖】

〔巻頭の「あきはぎの…」の歌による命名〕
書の巻子本かんすぼん。古今集の秋の歌二首を書いた第一紙、万葉集・古今集・古今和歌六帖など所収の歌四六首を書いた第二紙、および王羲之の書状九通を臨書した部分とから成る。第一紙は小野道風、第二紙以下は藤原行成の筆と伝えるが、確証はない。和歌はすべて草仮名で書かれている。国宝。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

秋萩帖
あきはぎじょう

平安時代の書巻。色がわりの料紙を継いだ巻物に、「あきはぎの……」以下48首の和歌を書写し、さらに王羲之(おうぎし)の尺牘(せきとく)(手紙)を臨書している。巻頭の一紙と、唐時代の書写と思われる『淮南子(えなんじ)』の紙背(しはい)を転用した第二紙以下とでは筆者が異なり、後者は前者の模本と推定される。
 古来、第一紙を小野道風(とうふう)、第二紙以下を藤原行成(ゆきなり)の筆跡と伝えるが、所収の和歌の成立時期、音韻史的にみた仮名づかいや、書風の検討から、この伝承を支持する説が提出されている。草仮名の典型的遺品である。国宝。東京国立博物館蔵。[松原 茂]
『古谷稔著『秋萩帖論考』(1972・墨水書房)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

秋萩帖の関連キーワード巻子本冊子本一巻冊子軸物竹帙軸本巻本巻物

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone