散漫(読み)サンマン

デジタル大辞泉の解説

さん‐まん【散漫】

[名・形動]
ちらばり広がること。
まとまりのないさま。集中力に欠けるさま。「散漫な話」「注意力が散漫だ」
[派生]さんまんさ[名]

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

さんまん【散漫】

( 名 ・形動 ) [文] ナリ 
ちらばってまとまりのないさま。焦点が定まらないさま。また、気が散るさま。 「 -な論旨」 「注意力が-だ」
散満」に同じ。 「 -して古馗を塞ぐ/本朝続文粋」
[派生] -さ ( 名 )

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

さん‐まん【散漫】

〘名〙 (水などの飛びちるさまをいうところから)
① (━する) ちらばりひろがること。
※江吏部集(1010‐11頃)下・三月三日夜於員外藤納言文亭守庚申同賦桃浦落花「春尋桃浦花行、花落船中散漫軽」 〔水経注‐廬江水〕
② (形動) 物事をやるのに、気がってしまりのないさま。とりとめのないさま。
※応永本論語抄(1420)述而第七「散の心をととのへて、神と吾と一源にするを云」
※西国立志編(1870‐71)〈中村正直訳〉一一「読書の散漫(〈注〉キマリナキ)なるは、懶惰中の最も甚しきものなり」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

バンクシー

英ロンドンを中心に活動する覆面アーティスト。世界各地の街に現れて建物の壁などに社会風刺的なグラフィティアートを描くなど、ゲリラ的なアート活動を行っている。2005年に自身の作品を世界各国の有名美術館に...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

散漫の関連情報