コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

租税国家 そぜいこっかSteuerstaat

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

租税国家
そぜいこっか
Steuerstaat

封建国家あるいは社会主義国家に対して,近代資本主義国家の特質を財政の面からとらえた語。そこでは国家収入は特権的,封建的土地所有によらず,また生産手段の国有化に基づくものとも異なり,私有財産制度のもとでの自由な経済活動のなかから,国家権力によって租税として徴収される。租税国家の概念は R.ゴルトシャイトによって初めて明らかにされたが,それは第1次世界大戦末期の各国の財政危機を国家資本主義の形成によって克服しようとする財政社会学的見地から提起されたものであった。ゴルトシャイトは独占段階に入り,国家がその主要財源を租税から公債に求め「負債者国家」に転化してゆくことを説いたが,のちに J.シュンペーターはこの見解に批判的な立場から,租税国家の社会学的研究を行なっている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

租税国家【そぜいこっか】

国家の経費を支弁するための収入を原則として民間からの租税によって調達するような国家。封建国家絶対王制では国王の家計と財政は未分化であるが,資本主義の展開に伴い,ブルジョア革命を経て近代国家の成立によって,近代的権力が確立し,それとともに租税国家が確立した。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

租税国家
そぜいこっか
Steuerstaatドイツ語

国家の経費をまかなう収入を原則として租税で調達する国家をいう。R・ゴルトシャイトやJ・A・シュンペーターなどのドイツ財政社会学者が定立した概念。封建制末期から資本主義初期へかけて、国家収入は封建的土地所有・特権に基づく収入、あるいは国王・領主の財産運用による収入に依存していた。こうした国家と個人、公と私の未分離な状態(これを有産国家という人もいる)に対して、これを分離し、私有財産制度のもとで生産された商品=貨幣から国家権力により徴収された租税をもって国家運営を図るのが租税国家であり、そこでは官業等の財産運営は否定される(無産国家)。したがって資本主義の自由主義段階における近代国家は租税国家にほかならず、これを古典派経済学の立場から確認したのがA・スミスであり、ドイツ財政学の立場から遅ればせに追認したのが租税国家観であったといえる。
 第一次世界大戦以降、ゴルトシャイトとシュンペーターとの論争のなかで租税国家論と財政社会学は深められたが、帝国主義段階においては公債収入・官業収入に依存する度合いが高まらざるをえず、負債者国家ないし公債国家に転化するであろうという財政社会学の洞察は的を射ていたといえよう。[一杉哲也]
『J・A・シュンペーター著、木村元一・小谷義次訳『租税国家の危機』(1983・岩波書店)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の租税国家の言及

【財政学】より

…古典派の財政学にはつぎのような特徴がある。(1)国家は経済的に非効率であるから,営利活動は民間にまかせ,資産をもたない代りに徴税により資金調達するという無産国家すなわち租税国家を主張する,(2)国家経費は官吏や兵士のような不生産的労働の維持に用いられるから純然たる消費である。そこで経費はできるだけ縮小さるべきであり,同時に税負担をできるだけ軽くするためにも緊縮予算を編成すべきであるとする,(3)いかなる租税も民間の所得,ひいては資本を蚕食しないものはないので,民間活動をできるだけ阻害しないような税種を選ぶ必要があるという課税の中立性を主張する。…

【租税】より

…これらの収入源は,すべて同一のウェイトをもつものではない。近代国家はその本質上,〈租税国家〉であるといわれているように,資本主義国家の主要な収入源は,おしなべて租税である。
【定義と特性】
 租税とは,国家または地方公共体が一般経費の財源調達のために,個別的な反対給付なくして,民間経済から強制的に徴収する貨幣または財・用役をいう。…

【納税者】より

…したがって納税者の権利保護制度の確立の過程は,近代民主主義国家の成立過程と表裏一体の関係にあり,今日,租税法律主義は法治国家において広く承認されている憲法原則となっている。そして,現代国家においては,租税国家とよばれるほど国の収入に占める租税の重要性が高まり,納税者の権利保護の必要性はますます大きくなっている。大衆課税化の進行によって納税者が増加していることもそうした必要性を高める要因となっている。…

※「租税国家」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

租税国家の関連キーワード租税制度国税

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android