称名寺貝塚(読み)しょうみょうじかいづか

百科事典マイペディアの解説

称名寺貝塚【しょうみょうじかいづか】

神奈川県横浜市金沢区金沢町にある縄文(じょうもん)後期初頭を主体とする貝塚群。おもにハマグリオキシジミアサリからなる貝層が点在し,曲線的磨消縄文をもつ土器と,(もり),釣針骨鏃(こつぞく),角製玉,耳飾などの骨角器が出土した。魚骨も多く漁労を中心とした集落遺跡と考えられる。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

称名寺貝塚
しょうみょうじかいづか

神奈川県横浜市金沢(かなざわ)区金沢町・寺前にある縄文時代の後期を主体とする貝塚。名刹(めいさつ)称名寺の山門付近にある。標高7~8メートルの一種の砂丘上に8か所の小貝塚が点在する。これらは全体としてみると、径約70メートルの範囲に半円状に分布しており、いわゆる馬蹄形(ばていけい)貝塚に近い状態を示している。山門を入ってすぐ右側にあるA貝塚は、後期初頭の称名寺式土器が最初に発掘された所である。南に位置するのがB貝塚であり、多数の鹿角(ろっかく)製漁労具が出土している。北方にあるのがD貝塚である。ここからは12体以上の埋葬人骨が発見されており、貝塚集落の墓地の一角をなすものと考えられる。
 各地点の貝塚は形成の時期を多少異にしているが、魚骨やイルカの骨格などの出土がきわめて多く、釣り針、銛(もり)、やすなどの豊富なこととあわせて、この貝塚の大きな特徴となっている。すでに遺跡の大半が失われ、部分的に貝層が残存しているにすぎない。[岡本 勇]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

いざなぎ景気

1965(昭和40)年11月から70(昭和45)年7月にかけて57カ月続いた戦後最長の消費主導型景気拡大局面のこと。名目成長率は毎年2桁で推移した。これに先立つ1955~56年の「神武景気」や58年~...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android