コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

稲川[町] いなかわ

百科事典マイペディアの解説

稲川[町]【いなかわ】

秋田県南東部,雄勝(おがち)郡の旧町。皆瀬川流域を占め,稲庭川連(かわつら)に市街地が発達。川連は古くから漆器の産で有名。リンゴ,ブドウ,米を産する。2005年3月雄勝郡雄勝町,皆瀬村と湯沢市へ編入。65.88km2。1万933人(2003)。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

いなかわ【稲川[町]】

秋田県南東部,雄勝(おがち)郡の町。1956年稲庭町,川連(かわつら)町など4町村が合体して稲庭川連町となり,66年稲川町に改称。人口1万1419(1995)。横手盆地の南東部,湯沢市の東に位置し,皆瀬川の中流河谷部を占める。稲庭には中世に小野寺氏が居城した稲庭城跡がある。川連地区は,武具の漆塗が起源と伝えられる川連漆器が特産で,大館,久保を中心に椀,膳類が生産され,国の伝統的工芸品に指定されている。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

オヤカク

企業が採用内定者である学生に対して、「親が入社を承諾しているか」を確認する行為、または、内定学生の親に直接、入社承諾の確認をする行為のこと。「親に確認する」の略語。親が反対しているという理由で内定を辞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android