稲美町(読み)いなみ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

稲美〔町〕
いなみ

兵庫県南部,姫路平野の東部にある町。神戸市の西に隣接する。 1955年加古,母里,天満の3村が合体して町制。町名の由来は,このあたりが印南野 (いなみの) ,稲見野と呼ばれていたことによる。上下2段の海岸段丘から成り,水利が悪く開発が遅れたが,江戸時代,多くのため池を造り水田化に努めたため,ため池密集地となり,県下の穀倉地帯の一つとなった。神戸,加古川,明石の各都市に囲まれていることから,1960年代から工業化,住宅地化が進んだ。面積 34.92km2。人口 3万1020(2015)。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

多文化主義

マルチ・カルチュラリズムともいう。さまざまな人種,民族,階層がそれぞれの独自性を保ちながら,他者のそれも積極的に容認し共存していこうという考え方,立場。「人種のるつぼ」的な同化主義に対抗する考え方で,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

稲美町の関連情報