コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

穴太荘 あのうのしょう

百科事典マイペディアの解説

穴太荘【あのうのしょう】

近江国滋賀郡に置かれた近衛家領の荘園。現在の大津市穴太地区などの一帯にあたる。飛鳥時代の建立ともいう穴太廃寺,北陸道の穴多駅の所在地として,琵琶湖の南西岸の要地であった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

あのうのしょう【穴太荘】

近江国滋賀郡の荘園(現,滋賀県大津市坂本穴太町のあたり)。1062年(康平5)の史料に穴太薗としてみえるのが初見。当初から摂関家領であったらしい。1253年(建長5)の近衛家所領目録によれば,近衛家自身が荘園支配の実際的な諸権限(荘務権)を握っていた。またその預所(あずかりしよ)は摂関家の随身下毛野氏で,同氏は代々近衛家を本所にあおぎながら,永らく荘を相伝知行した。一方,1206年(建永元)の慈円起請文では,桜下(本)門跡荘園の一つとして穴太薗が聖覚僧都から慈円に譲られており,同所が山門関係の所領の一つであったことがわかる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

穴太荘の関連キーワード大津[市]延暦寺安土城

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android