コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

空穂 うつぼ

3件 の用語解説(空穂の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

空穂
うつぼ

靫とも書く (靭は後世の誤用) 。平安時代以降に用いられたへちま形の盛り矢具で,腰につける。へちま形の筒状の下方に矢を出納する口があり,ふたがついている。『古今著聞集』『東鑑 (あずまかがみ) 』にその名がみえ,『後三年合戦絵巻』に描かれているがそれ以前は明らかでない。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

うつぼ【空穂】

窪田くぼた空穂

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

空穂
うつぼ

戦闘や狩猟の際、矢が雨露にぬれたり物に触れて破損するのを防ぐための矢入れ具の一種。羽壺、靭とも書く。植物の穂の形をしており、中が空洞になっているもので、その形はのように下部は箙(えびら)の式に似ており、矢を盛る口を竈(かまど)という。穂部にかける皮を懸(かけ)皮といい、鹿(しか)、熊(くま)、虎(とら)、豹(ひょう)、猿などの皮を使うことを正式とするが、そのほかに塗空穂、騎馬空穂、大和(やまと)空穂、土俵空穂などの種類がある。空穂に盛る矢は7本、9本、11本が一般的であるが、土俵空穂のように多量運搬を目的とする特大のものもあった。空穂は平安時代末期にすでにあったが、室町時代に入り箙が廃れるとともに当時の武士は盛んにこれを使用した。[入江康平]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

空穂の関連キーワードエスケープキー破子後世誤用赤漆平安時代文学薬禍論弁里曲設い

今日のキーワード

大統領補佐官

各種政策の立案その他に関し,側近として大統領に助言する役職だが,実質上はブレーン,顧問として多面的な役割を担う。憲法で定められた唯一の行政責任者である合衆国大統領は,強大な権力を持つにもかかわらず,議...

続きを読む

コトバンク for iPhone

空穂の関連情報