コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

空穂 うつぼ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

空穂
うつぼ

靫とも書く (は後世の誤用) 。平安時代以降に用いられたへちま形の盛り矢具で,腰につける。へちま形の筒状の下方に矢を出納する口があり,ふたがついている。『古今著聞集』『東鑑 (あずまかがみ) 』にその名がみえ,『後三年合戦絵巻』に描かれているがそれ以前は明らかでない。南北朝室町時代のものに塗空,安土桃山・江戸時代のものに土俵空穂がある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

空穂
うつぼ

戦闘や狩猟の際、矢が雨露にぬれたり物に触れて破損するのを防ぐための矢入れ具の一種。羽壺、靭とも書く。植物の穂の形をしており、中が空洞になっているもので、その形はのように下部は箙(えびら)の式に似ており、矢を盛る口を竈(かまど)という。穂部にかける皮を懸(かけ)皮といい、鹿(しか)、熊(くま)、虎(とら)、豹(ひょう)、猿などの皮を使うことを正式とするが、そのほかに塗空穂、騎馬空穂、大和(やまと)空穂、土俵空穂などの種類がある。空穂に盛る矢は7本、9本、11本が一般的であるが、土俵空穂のように多量運搬を目的とする特大のものもあった。空穂は平安時代末期にすでにあったが、室町時代に入り箙が廃れるとともに当時の武士は盛んにこれを使用した。[入江康平]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

空穂 (ウツボグサ)

植物。ユリ科の多年草,園芸植物,薬用植物。ネギの別称

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

空穂の関連キーワード長野県松本市和田窪田空穂記念館矢ケ崎 奇峰窪田 章一郎佐伯 仁三郎三津木 貞子田辺 駿一村崎 凡人丹沢 豊子豊島 逃水窪田章一郎尾山篤二郎隅田 葉吉半田 良平土を眺めて森川 平八柳瀬 留治川浪 磐根丸山 芳良中沢臨川

空穂の関連情報