コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

後三年合戦絵巻 ごさんねんかっせんえまき

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

後三年合戦絵巻
ごさんねんかっせんえまき

後三年の役 (1083~87) を描いた絵巻。貞和3 (1347) 年の作。紙本着色,3巻,別に序文1巻。東京国立博物館蔵。詞は比叡山の僧玄慧 (げんえ) の起草,絵は飛騨守巨勢惟久 (こせこれひさ) 筆で,詞書は仲直,持明院保脩,世尊寺行忠が各巻を分担書写している。元来は6巻であったが現在前半の3巻は失われている。克明な描写が特色。なお,後白河法皇院宣による明実筆の『後三年合戦絵巻』 (1171) は,合戦絵巻の始りとされるが伝存しない。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ごさんねんかっせんえまき【後三年合戦絵巻】

鎌倉時代の代表的戦記絵巻後三年の役ははやくから画題にされ,1171年(承安1)には後白河法皇の院宣により絵巻4巻が描かれたことが知られている。現存する東京国立博物館本は,当初6巻であったものの後半の3巻で,上巻は清原家衡らが金沢へ移り源義家の軍が攻略に向かう場面で,義家が空を飛ぶ雁の列の乱れから敵の伏兵を知るという有名な逸話を含む。中巻は金沢柵の攻防を,下巻は金沢柵落城とその後の苛酷な処刑場面を描く。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内の後三年合戦絵巻の言及

【合戦絵】より

…いくさ物語の絵巻化として平安時代末に現れた。後白河法皇の命で1171年(承安1)につくられた《後三年合戦絵巻》(東京国立博物館)が文献上もっとも古い。鎌倉時代に流行し,《平治物語絵巻》(ボストン美術館その他),《蒙古襲来絵詞》(宮内庁)などの作品が残る。…

※「後三年合戦絵巻」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

後三年合戦絵巻の関連キーワード鎌倉時代陣笠空穂

今日のキーワード

だまされたふり作戦

「振り込め詐欺」に代表される特殊詐欺事件の警察による捜査手法の一つで、振り込め詐欺と思われる不審な電話があった時、被害者が協力してだまされたふりをし、容疑者の電話番号、振込先、訪問時間などを聞き出し、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android