突き目(読み)つきめ

百科事典マイペディアの解説

突き目【つきめ】

角膜中央部の小外傷に化膿菌が感染して起こる細菌性角膜潰瘍一種イネの葉先,ムギののぎ,逆まつ毛などの突き傷によることが多いのでこの名がある。異物感,流涙,まぶしさ,痛みなどがあり,角膜に混濁を生じ,進行すれば前眼房(うみ)がたまり,ついには角膜は穿孔(せんこう)し,虹彩(こうさい)が脱出し,失明に至る。早期の抗生物質の投与,点眼が有効で,近年では重症例は少ない。角膜に混濁が残るときは角膜移植を行う。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

突き目
つきめ

目を突くことによる外傷であるが、一般には角膜の突き傷から細菌が侵入しておこる化膿(かのう)性角膜炎、別名匐行(ふくこう)性角膜潰瘍(かいよう)をさす。角膜上皮が健全であれば通常の化膿菌は角膜に侵入できない。しかし、上皮が欠損した部分は菌の侵入門戸となる。菌は突いた物体に付着したもののこともあり、また結膜嚢(のう)に寄生的に存在した菌のこともある。往時には木の枝やイネの葉先による刺傷など農業従事者によくみられた。慢性涙嚢炎などで菌が存在する場合は準備状態にあるといえる。潰瘍部で角膜が穿孔(せんこう)して炎症が眼内に及ぶと、全眼球炎となって失明する。早期に病原菌を調べ、有効な抗生物質を局所および全身に用いて治療を行う。

[内田幸男]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

薬剤耐性菌

薬剤、特に抗生物質などに対する抵抗性を獲得した細菌。MRSA(メチシリン耐性黄色ぶどう球菌)・PRSP(ペニシリン耐性肺炎球菌)など。耐性菌。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android