コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

突き目 つきめ

2件 の用語解説(突き目の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

突き目【つきめ】

角膜中央部の小外傷に化膿菌が感染して起こる細菌性角膜潰瘍の一種。イネの葉先,ムギののぎ,逆まつ毛などの突き傷によることが多いのでこの名がある。異物感,流涙,まぶしさ,痛みなどがあり,角膜に混濁を生じ,進行すれば前眼房に膿(うみ)がたまり,ついには角膜は穿孔(せんこう)し,虹彩(こうさい)が脱出し,失明に至る。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

突き目
つきめ

目を突くことによる外傷であるが、一般には角膜の突き傷から細菌が侵入しておこる化膿(かのう)性角膜炎、別名匐行(ふくこう)性角膜潰瘍(かいよう)をさす。角膜上皮が健全であれば通常の化膿菌は角膜に侵入できない。しかし、上皮が欠損した部分は菌の侵入門戸となる。菌は突いた物体に付着したもののこともあり、また結膜嚢(のう)に寄生的に存在した菌のこともある。往時には木の枝やイネの葉先による刺傷など農業従事者によくみられた。慢性涙嚢炎などで菌が存在する場合は準備状態にあるといえる。潰瘍部で角膜が穿孔(せんこう)して炎症が眼内に及ぶと、全眼球炎となって失明する。早期に病原菌を調べ、有効な抗生物質を局所および全身に用いて治療を行う。[内田幸男]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

突き目の関連キーワード角膜潰瘍臍炎子宮内膜炎胆管炎白痢関節炎化膿菌化膿性髄膜炎突目感染型細菌性食中毒

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone