コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

立岩遺跡 たていわいせき

8件 の用語解説(立岩遺跡の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

立岩遺跡
たていわいせき

福岡県飯塚市立岩の遠賀川にのぞむ丘陵上にある弥生時代の遺跡群の総称。第2次世界大戦前から石包丁の製造所跡として知られていたが,1963年に前漢鏡6面が甕棺から一括出土したことによってその重要性が再認識された。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

たていわ‐いせき〔たていはヰセキ〕【立岩遺跡】

福岡県飯塚市立岩にある弥生時代の遺跡群の総称。石包丁の生産所跡や、前漢鏡・銅矛・鉄剣などの副葬品を伴う多数の甕棺(かめかん)墓が発見された。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

立岩遺跡【たていわいせき】

福岡県飯塚市立岩の丘陵地帯に散在する弥生(やよい)前〜中期の遺跡群。竪穴(たてあな)や甕棺(かめかん)などから貝輪をはめた人骨,鉄剣などが出土したほかに石庖丁の製造跡なども発見された。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

防府市歴史用語集の解説

立岩遺跡

 福岡県飯塚市にある、弥生時代の遺跡です。墓の中から10枚もの中国・前漢[ぜんかん]の鏡が見つかっているほか、石器の製作場所として知られています。立岩遺跡でつくられた石包丁[いしぼうちょう]や石斧[せきふ]は、北部九州一円に配られていました。

出典|ほうふWeb歴史館
Copyright 2002,Hofu Virtual Site Museum,Japan
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

たていわいせき【立岩遺跡】

福岡県飯塚市立岩の丘陵上に点在する弥生時代遺跡群。1933年以後注目されるようになり,前期から中期の袋状竪穴,甕棺墓,石器製作跡などが発見されている。石器製作跡では,磨製の石剣,石戈,石庖丁が多量に生産され,なかでもここの製品と思われるアズキ色の凝灰岩製石庖丁は福岡県内各地に分布している。34年の市営運動場新設工事によって多数の貝製釧(くしろ)や鉄剣が甕棺墓内から発見され,63‐65年の堀田地区の発掘調査では,弥生中期後半の甕棺群から前漢鏡10面,銅矛,鉄剣,鉄戈,鉄矛,鉄鉇(てつやりがんな),ガラス管玉頭飾,ガラス製耳璫(じとう)など多くの副葬品が出土した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

たていわいせき【立岩遺跡】

福岡県飯塚市立岩の丘陵上にある弥生前期末から中期にかけての遺跡群の総称。ここで石器が量産され、作られた石庖丁は北九州各地に分布している。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

国指定史跡ガイドの解説

たていわいせき【立岩遺跡】


福岡県飯塚市立岩にある集落跡。遠賀(おんが)川上流の右岸、川の流れに沿ってある標高40mほどの小高い丘陵上に散在する。現在は周囲を住宅地に囲まれており、立岩遺跡というのは下(しも)ノ方(かた)・焼ノ正・堀田遺跡の総称である。1963年(昭和38)、丘陵から甕棺(かめかん)1基が発見され、中には6面の漢式鏡が副葬されており、調査が行われた結果、弥生時代中期の5つの甕棺から10面の鏡をはじめ、剣、矛、鏃(やじり)などの鉄製品、銅矛、ガラス製の装飾品などが出土した。これらは、立岩遺跡堀田甕棺群出土品として重要文化財に指定され、飯塚市歴史資料館で展示されている。また、甕棺の中の人物が付けていた腕輪が、南海産のゴホウラ貝であったり、鉄剣や鉄矛に付着していた布が絹であることも明らかになった。下ノ方遺跡からは、大量の石包丁の製品や欠損品、石鎌などが出土しており、近くの笠置山から原石を運んできてここで加工し、周辺地域に石製品を供給する一大生産地であったことが明らかになった。JR筑豊本線ほか新飯塚駅から徒歩約15分。

出典|講談社
(C)Kodansha 2013.
この内容は執筆時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

立岩遺跡
たていわいせき

福岡県飯塚(いいづか)市大字立岩の丘陵一帯に所在する弥生(やよい)時代前期から中期の遺跡群の総称。1933年(昭和8)に調査された甕棺墓(かめかんぼ)内から貝輪(かいわ)着装の人骨や鉄剣などの副葬遺物の出土で知られる市営グランド遺跡、九州北半一円に分布圏をもつ輝緑凝灰岩製石包丁を集中生産した下(しも)の方(かた)遺跡などの存在から以前より著名であった。ことに1963、1965年(昭和38、40)に採土工事に伴って多数の甕棺墓が発見され調査の実施された堀田遺跡は、立岩遺跡群の中心を占めている。ここでは中期前半に属する24個の袋状竪穴(たてあな)(貯蔵穴)と中期後半を主体とする39基の甕棺墓とが調査され、前漢鏡、細形銅矛(どうほこ)、鉄剣、鉄矛(てつほこ)、鉄戈(てっか)、ガラス製管玉(くだたま)など多数の副葬品が出土した。なかでも10号甕棺墓には前漢鏡6、細形銅矛1、鉄剣1、鉄(やりがんな)一などが集中して副葬されていた。このように堀田遺跡で知られる弥生時代社会の被葬者の地位、あるいは下の方遺跡の石包丁生産にみられる社会的分業など、立岩遺跡の示す意義は大きい。[高倉洋彰]
『立岩遺跡調査会編『立岩遺跡』(1977・河出書房新社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

立岩遺跡の関連キーワード福岡県飯塚市秋松福岡県飯塚市飯塚福岡県飯塚市新立岩福岡県飯塚市勢田福岡県飯塚市大分福岡県飯塚市立岩福岡県飯塚市綱分福岡県飯塚市椿福岡県飯塚市南尾福岡県飯塚市山口

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone