コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

立川談志 たてかわだんし

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

立川談志
たてかわだんし

[生]1936.1.2. 東京
[没]2011.11.21. 東京
落語家,落語立川流家元。本名松岡克由。1952年柳家小さん(5世)に入門,前座名は柳家小よし。1954年二つ目に昇進し,柳家小ゑんと改名。古典落語の口演で注目され,湯浅喜久治が主催する「若手落語会」に抜擢される一方,日本劇場のステージにも出演,キャバレーなどの余興でも活躍した。1963年真打ちに昇進し,5世立川談志を襲名。1966年テレビ番組『笑点』(日本テレビ系)を発案・企画し,初代司会者を務める。そのほか,『やじうま寄席』(日本テレビ系)などテレビ,ラジオでも幅広く活躍。1969年衆議院議員総選挙に立候補したが落選。1971年参議院議員通常選挙に無所属で出馬し全国区で初当選。当選後,自由民主党に入党して 1期 6年務めた。その間,1975年には沖縄開発庁政務次官となるが,すぐに辞任した。1983年真打ち昇進試験制度をめぐり師匠の柳家小さんと対立,一門とともに落語協会を脱会し,落語立川流を創設し家元となる。「伝統を現代に」と訴え,「落語とは人間の業の肯定」「イリュージョンこそが人間の業の肯定の最たるもので,そこを描くことが落語」といった独自の理論を打ち立てた。得意ネタは,『芝浜』『黄金餅』『らくだ』『源平盛衰記』など数多い。『現代落語論』(1965)など多くの書を著し,落語家や研究者にも多くの影響を与えた。(→落語

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

知恵蔵の解説

立川談志

落語家の名跡。
五代目を名乗った(正確には七代目と言われる)落語立川流家元、立川談志(本名・松岡克由=まつおか・かつよし)は1936年1月2日、東京生まれ。52年に16歳で高校を中退して五代目柳家小さんに入門、二つ目で「小ゑん」を名乗り頭角を現した。63年に真打ちに昇進して五代目立川談志を襲名。
日本テレビ系の「笑点」を企画・立案し、66年の番組開始から初代司会者を務めて人気者となる。同年代の先代三遊亭円楽や古今亭志ん朝、先代春風亭柳朝とともに「寄席四天王」と呼ばれた。また、独自の社会批評や奔放な毒舌でもファンを増やした。
71年には参議院議員選挙全国区に無所属で出馬し最下位で当選。1期6年間務めた。この間、自民党に入党し、沖縄開発庁政務次官に就任したが、二日酔いで記者会見に出席したことなどがもとで、わずか1カ月で次官を辞任した。
83年、真打ち昇進制度を巡る対立により、師匠の小さんが会長を務める落語協会を脱退、「落語立川流」を創設し家元となった。以降、常設の寄席に出演できなくなったものの、ホールでの落語会を続け、志の輔、談春、志らくらなどの人気落語家を育てた。「芝浜」「文七元結」など古典落語の名手だった。理論家でもあり、著書に「現代落語論」などがある。
97年に食道がんが見つかり、2008年に声門がんの手術、09年には糖尿病治療と体力低下のため休養するなど、闘病を続けていた。晩年は、喉頭がんを患ったが、「プライドが許さない」として声帯の摘出手術はせず、落語への意欲を見せていた。その後、がんの進行で呼吸困難症状となり、11年3月下旬に気管切開手術を受け、声を失った。同月6日、一門会で披露した「蜘蛛駕籠(くもかご)」が最後の高座となった。同年10月下旬に容態が急変し、以後3週間、意識が戻らないまま、11月21日、75歳で死去した。戒名は本人が以前から決めていた「立川雲黒斎家元勝手居士(たてかわうんこくさいいえもとかってこじ)」。

(葛西奈津子  フリーランスライター / 2011年)

出典 (株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」知恵蔵について 情報

デジタル大辞泉の解説

たてかわ‐だんし〔たてかは‐〕【立川談志】

[1936~2011]落語家。5世。東京の生まれ。本名、松岡克由(かつよし)。5世柳家小さんに入門。昭和38年(1963)、真打に昇進して立川談志を襲名した。昭和46年(1971)、参議院議員選挙に当選。昭和58年(1983)には落語協会を脱退し、落語立川流を創設した。著作に「現代落語論」などがある。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

立川談志【たてかわだんし】

落語家。東京都文京区出身。本名松岡克由。1952年16歳で五代目柳家小さんに入門,63年立川談志(七代目だが本人は五代目を自称)を襲名し真打ちに昇進した。TV,ラジオのバラエティ番組などで軽妙,才気煥発なギャグと毒舌で人気を博したが,落語家としては,江戸・古典落語の正統後継者を任じ,古典を現代的な感覚で演じることに終生執念を燃やした。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

たてかわだんし【立川談志】

落語家。江戸末期から現代まで5代を数えるが,初代から3代までの事跡はほとんど知られていない。(1)4代(?-1889(明治22)) 本名中森定吉。素噺も巧みな噺家だが,明治10年代の寄席の珍芸ブームのなかで,〈郭巨(かつきよ)の釜掘り〉という所作事を考案して圧倒的な人気を得た。これは子を生埋めにしたという《二十四孝》中の郭巨の妻を擬した芸で,嬰児(えいじ)に見立てた座布団を小脇に抱え,〈そろそろ始まる郭巨の釜掘り,テケレッツのパァ,アジャラカモクレン,キンチャンカーマル,セキテイ喜ぶ〉などといいながら高座を歩きまわった。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内の立川談志の言及

【落語】より

…円朝と並ぶ人情噺の名手初代柳亭(談洲楼(だんしゆうろう))燕枝(えんし),やはり人情噺をよくした3代麗々亭柳橋(れいれいていりゆうきよう)(のち春錦亭柳桜(しゆんきんていりゆうおう))(1835‐97),芝居噺の名手6代桂文治,花柳物の名手4代桂文楽,落し咄,人情噺ともによくした2代古今亭志ん生,滑稽噺の2代柳家(禽語楼(きんごろう))小さんなどがそれだった。異彩を放ったのは,〈ステテコ踊り〉の,俗に初代ともいう3代三遊亭円遊,鉄道馬車のラッパを吹く音曲師4代橘家(たちばなや)円太郎(?‐1898),〈郭巨(かつきよ)の釜掘り踊り〉の4代立川談志(?‐1889),〈ヘラヘラ踊り〉の三遊亭万橘(まんきつ)(?‐1894)という〈寄席四天王〉で,彼らは珍芸を売物にして人気を博した。珍芸流行の原因は,当時,東京市内が明治に入って最大の不況に見舞われ,特別に珍奇な芸でなければ客が呼べないという事情もあったが,時流からみれば,明治になって東京に集まって来た,寄席になじみのない新しい客層を開拓する手段であり,それは,江戸時代以来の続き物の人情噺が歓迎されなくなってきたことの証明でもあった。…

※「立川談志」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

立川談志の関連キーワード古今亭 志ん朝(3代目)三遊亭 円楽(5代目)小金井 芦洲(6代目)柳家 小さん(5代目)立川 談志(4代目)立川 文都(6代目)喉頭(こうとう)がん鈴々舎馬風(10世)小金井芦洲(6代)三遊亭円遊(1世)出囃子(でばやし)橘家円蔵(8世)「笑点」40周年SUEKICHI三升家 勝太郎落語家協会毒蝮三太夫立川志の輔肥後克広金曜夜席

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

立川談志の関連情報