コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

竜野藩 たつのはん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

竜野藩
たつのはん

江戸時代,播磨国 (兵庫県) 竜野地方を領有した藩。元和3 (1617) 年本多政朝が上総大多喜藩から5万石で入封したのに始り,小笠原長次が寛永3 (26) ~9年6万石,岡部宣勝 (のぶかつ) が同 10~13年5万石,京極高和が同 14~万治1 (58) 年6万石と続き,以後しばらく藩がおかれなかったが,寛文 12 (72) 年脇坂安政が信濃 (長野県) 飯田より5万 3000石で入封,以後代々継がれて廃藩置県にいたる。脇坂氏は外様,江戸城帝鑑間詰。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

竜野藩【たつのはん】

兵庫県たつの市龍野(江戸時代は播磨国揖西郡に所属)を城地とした藩。1617年譜代本多政朝が5万石で入封し揖西(いっさい)・揖東郡を領した。1626年小笠原長次(飾西郡を加えて6万石),1633年岡部宣勝(揖西・揖東5万石),1637年外様の京極高和(飾西郡を加えて6万石)が入封。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

たつのはん【竜野藩】

播磨国(兵庫県)揖西郡竜野を城地とした藩。初期は譜代,中期以降外様中藩。中世の竜野赤松氏が1577年(天正5)織田信長配下の羽柴(豊臣)秀吉に戦わずして開城したあと,81年蜂須賀正勝5万3000石が初の近世大名として入封した。その後豊臣時代の城主は85年福島正則5万石,88年木下勝俊6万4000石,94年(文禄3)小出吉政2万石と移った。江戸時代の竜野藩は1617年(元和3)本多政朝5万石の入封に始まる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内の竜野藩の言及

【播磨国】より

…姫路藩も木綿をはじめとする諸国産を対象として同年専売制を始めた。竜野藩は29年(文政12),明石藩は38年(天保9)に木綿の専売制を始めている。上野館林藩も30年飛地領の三木の金物について専売制を強行したが,これはすぐに中止となった。…

※「竜野藩」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

竜野藩の関連キーワード殿村平右衛門(初代)たつの[市]国木田独歩脇坂 安斐藤江梅軒柳川春葉中井甃庵赤埴源蔵藤江熊陽藤江竜山脇坂安董脇坂安宅

今日のキーワード

明鏡止水

《「荘子」徳充符から》曇りのない鏡と静かな水。なんのわだかまりもなく、澄みきって静かな心の状態をいう。「明鏡止水の心境」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android