コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

競伊勢物語 はでくらべいせものがたり

2件 の用語解説(競伊勢物語の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

はでくらべいせものがたり【競伊勢物語】

(1)歌舞伎狂言時代物。7幕。〈競〉の別訓〈はなくらべ〉〈だてくらべ〉〈すがたくらべ〉〈くらべこし〉など。通称《伊勢物語》。奈河(ながわ)亀輔作。1775年(安永4)4月大坂嵐松治郎座(中の芝居)初演。おもな配役は業平・通路・村雨姫・豆四郎を三枡徳次郎,井筒姫・関の戸・信夫(しのぶ)を尾上粂助,孔雀三郎を初世藤川八蔵,紀名虎・紀有常を初世中村歌右衛門,和田作・小よしを初世三枡大五郎,行平を中村十蔵,荒川宿禰(すくね)を藤川柳蔵,斑鳩(いかるが)藤太・どらの鐃八(にようはち)を2世三枡他人(のちの2世三枡大五郎),惟喬(これたか)親王を坂東岩五郎

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

競伊勢物語
はでくらべいせものがたり

歌舞伎(かぶき)脚本。時代物。七幕。奈河亀輔(ながわかめすけ)作。1775年(安永4)4月、大坂中(なか)の芝居で初世中村歌右衛門(うたえもん)らにより初演。同時に辰岡万作らの手で五段二冊の読本浄瑠璃(よみほんじょうるり)として刊行、大坂豊竹(とよたけ)定吉座の人形浄瑠璃で演じられた。『伊勢物語』の在原業平(ありわらのなりひら)の伝説をもとに、惟喬(これたか)・惟仁(これひと)両親王の皇位争いを描いた作で、近松門左衛門の『井筒業平河内通(いづつなりひらかわちがよい)』の影響を受けたもの。「競」の字に「はなくらべ」「だてくらべ」「すがたくらべ」「くらべこし」などの別訓がある。通称「伊勢物語」。原作の五、六幕目「奈良街道」「玉水淵(たまみずがふち)」「小よし住家」が現在でも歌舞伎・文楽(ぶんらく)の両方で上演される。春日(かすが)の里に住む小よし、養女信夫(しのぶ)と婿の豆四郎(まめしろう)は惟仁方。信夫は惟喬方が玉水淵に隠した御鏡(みかがみ)を捜し出した。信夫の実父紀有常(きのありつね)は、惟仁方の業平とその許嫁(いいなずけ)の井筒姫を救うため、小よしの住居を訪れ、信夫と豆四郎を身替りにたてようとする。若い2人は喜んで身替りとなり、御鏡を得た業平と姫は、惟仁親王を帝の跡目にたてることができた。小よし住家の場は、高貴な身分の有常が昔なじみの農家の婆小よしと懐旧談にふけり、そのもてなすはったい茶(麦こがしの湯)を飲むところが印象的なので、俗称を「はったい茶」という。[松井俊諭]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

競伊勢物語の関連キーワード王代物書替狂言歌舞伎狂言上方狂言狂言師時代狂言実録忠臣蔵島原狂言離れ狂言続狂言

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone

競伊勢物語の関連情報