笑福亭福松(読み)しょうふくてい ふくまつ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

笑福亭福松 しょうふくてい-ふくまつ

1858-1904 明治時代の落語家。
安政5年生まれ。2代笑福亭松鶴の門下。明治26年月亭文都,2代桂文団治(7代文治),3代笑福亭松鶴らと浪花(なにわ)三友派を創立し,上方落語の発展と後進の育成につとめた。明治37年10月14日死去。47歳。大坂出身。本名は国島福松。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

笑福亭福松

没年:明治37.10.14(1904)
生年:安政5(1858)
幕末明治期の上方落語家。大坂交野町(交野市梅ケ枝)の,父は銅細工師,母は産婆という一家に生まれ,本名は国島福松。元治1(1864)年,7歳のとき桂梅丸(一説には桂慶治)の門に入り,翌年,2代目笑福亭松鶴の門に移って福松を名乗った。明治26(1893)年,月亭文都,2代目桂文団治,3代目笑福亭松鶴らと浪花三友派を結成,翌年,南地法善寺の紅梅亭および松屋町神明社内の吉福亭で旗上げ興行を行った。その芸風は派手で陽気,趣向や落ちの奇抜さで人気を博し,「紙屑屋」「大文字屋」などを得意とした。<参考文献>会心居主人「思い出の明治の落語家」(『郷土雑誌/上方』5号)

(三田純市)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

しょうふくていふくまつ【笑福亭福松】

落語家の芸名。現在まで3代をかぞえるが,初代がとりわけ有名である。初代(1857‐1904∥安政4‐明治37)は通称国島福松。2代笑福亭松鶴(しよかく)門下。上方落語の中心勢力の桂派と対立し,1892年に月亭文都(つきていぶんと)と提携し,翌年,月亭派,文団治派,笑福亭派の三盟友で〈浪花(なにわ)三友派〉の旗じるしをかかげ,上方落語の黄金時代を築いた。得意は《紙屑屋》や踊りの手の入る《大文字屋》など。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

きゃらぶき

魚貝類や野菜類をしょうゆで佃煮(つくだに)のように煮るものをきゃら煮というが、きゃらぶきは、フキの茎をきゃら煮風に煮たもので、初夏のフキを用いてつくるのがよい。フキの葉を切り落とし、茎は日干しにしてか...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android