コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

笠山 かさやま

2件 の用語解説(笠山の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

笠山
かさやま

山口県北部,萩市西部の越ヶ浜半島上の小丘。標高 112m。玄武岩よりなる。砂州によって陸繋島化し,山麓に明神池 (国指定天然記念物) と数ヵ所の風穴がある。山頂に小噴火口があり,北東斜面にコウライタチバナ自生地 (国指定天然記念物) がある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

笠山
かさやま

山口県北部、萩(はぎ)市街北方の日本海に臨む小半島。低い玄武岩台地の上に噴火口をもつ砕屑丘(さいせつきゅう)がのる二重式の小火山が、砂州で本土につながった陸繋島(りくけいとう)をなす。標高112メートル。東麓(とうろく)には海魚が群生し、干満のある明神(みょうじん)池や夏も冷涼な風穴(ふうけつ)があり、山頂は展望に優れる。登山道も整備され、北長門(きたながと)海岸国定公園の一部をなす。北麓には国指定天然記念物のコウライタチバナがあり、ツバキが群生する原生林もある。[三浦 肇]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

笠山の関連キーワード山口県萩市明木山口県萩市大井山口県萩市川上山口県萩市川島山口県萩市紫福山口県萩市西田町山口県萩市羽島山口県萩市土原山口県萩市見島山口県萩市山田

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

笠山の関連情報